|

新しい個人向け金融サービスを展開する株式会社MILIZEは、InsurTechソリューションである保険証券の一括管理アプリ『miruho.』を提供開始します。|保険ニュース

新しい個人向け金融サービスを展開する株式会社MILIZEは、InsurTechソリューションである保険証券の一括管理アプリ『miruho.』を提供開始します。

~分かりにくい保険を『見える化』し、ユーザーの保険料削減や合理化を支援~

株式会社MILIZE(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 徹、以下「MILIZE」)は、2018年3月19日に、保険証券の一括管理アプリ『miruho.』の提供を開始することをお知らせします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/34351/14/resize/d34351-14-791865-5.png ]



~miruho.が生まれた背景~
株式会社MILIZEはこれまで「個人の資産を守り、増やすこと」をミッションとし、金融機関の窓口のプロフェッショナルやファイナンシャルプランナー、個人の方に対し「MILIZE人生設計(総合ファイナンシャルツール)」を開発・提供して参りました。

MILIZE人生設計を通じ、個人の人生設計を支援する中で「保険」の課題に着目。1世帯あたりの年間払込保険料は平均38.2万円(※)と、家計の支出割合は低くないにも関わらず、「保険の内容をあまり理解していない」「価格の妥当性が分からない」「専門家に相談したいが、一歩踏み出せずそのままにしている」といった課題を抱えている個人は少なくありません。

また、様々なモノ・サービスのデジタル化により個人のライフスタイルは変化している一方、保険のデジタル化はまだ発展途上であり、紙の保険証券を家のどこかにしまったままで加入後記憶が薄れてしまうというといった課題もあります。

そこで、保険の一括管理・見える化のツールとして『miruho.』の提供を開始します。
世帯の保険証券をスマートフォンで一括管理し、専門家(ファイナンシャルプランナー)が中立的立場からユーザー視点のレビューを配信し、ユーザーの保険への理解を促します。
更に、弊社の展開する人生設計プラットフォームに連動し、効率的に人生設計を組み立てることが可能になります。

miruho.を通じて、個人の保険料の削減や合理化をサポートしながら、保険の不透明さ・情報の非対称性の解消を目指し、政府が推奨する「フィデューシャリーデューティー」の浸透に貢献して参ります。
※平成30年 生命保険文化センター「生命保険に関する全国実態調査」(二人以上の世帯調査)調べより


~miruho.の概要~
保険証券をスマホで撮影するだけで『保険の一括管理』ができるアプリです。
また、グラフや表を使った分析画面で分かりにくい保険の『見える化』をサポートします。
専門家(ファイナンシャルプランナー)から、保険の解説や、良い点・注意点などのレビューももらえ、ユーザーは窓口へ出向くことなく、保険への理解を深めることができます。

家のどこかにしまったままの保険証券を一括管理し、
保険料や保障の内容等を再確認することで、保険の無駄や過不足に気づき易くなります。
miruho.は、保険料の削減・合理化にも貢献できるアプリです。
[画像2: https://prtimes.jp/i/34351/14/resize/d34351-14-593826-2.jpg ]



~miruho.の機能~
●保険証券の撮影・登録機能
保険証券をスマホで撮影するだけで、手入力項目やアンケートはありません。
氏名・住所・連絡先等は、編集機能で隠すことができるので安心です。
[画像3: https://prtimes.jp/i/34351/14/resize/d34351-14-675572-6.png ]


●複数の保険証券の一覧表示機能
登録項目:証券番号・保険の種類・保険料・保険期間・保険金額・給付金など。
登録した保険の主な内容をいつでもどこでもチェック。
画像の追加や削除もできます。
[画像4: https://prtimes.jp/i/34351/14/resize/d34351-14-163613-7.png ]


●保障内容やトータルコストを見える化
円グラフや表で、登録した保険のリスクの対象や、生涯で支払う保険料の概算を再確認できます。
また、MILIZEに所属する専門家(ファイナンシャルプランナー)からのレビューにより
保険への理解をサポートします。
[画像5: https://prtimes.jp/i/34351/14/resize/d34351-14-353430-8.png ]

□保険証券の一括管理アプリ『miruho.』概要
・名称:miruho.
・カテゴリ:ファイナンス、ライフスタイル
・配信価格:無料
・推奨OS:ios11以上
・開始日:2018年3月19日(月)
・URL:https://lp.miruho.com/


~個人情報やセキュリティ面への配慮~
・保険の管理・分析に必要なだけの個人情報を収集し、
 ユーザーの個人情報を必要以上に要求することは致しません。
・画像登録時に、氏名・電話番号・住所などの連絡先は隠すことができます。
・画像ファイルは暗号化し、限定的な権限でのアクセス制御を行います。
・金融機関が利用するシステムとして十分なセキュリティ対策を実施しています。

~どんな人にお届けしたいか~
保険を整理し現状を知り、そして理解するためのツールです。
例えば、こんな方にお勧めです。
・保険証券を、どこにしまったのか忘れてしまった。
・契約時は理解していたはずの保険の内容を、忘れてしまった。
・夫(妻)が、独身時代や、勤め先で加入した保険の内容を、よく分かっていない。
・保険料を年払いや自動引落しにしており、結局いくら払っているのか分からない。
・誰かに相談したいが、相談すると保険加入を勧められそうで、そのままにしている。


<株式会社MILIZEについて>
【商 号】株式会社MILIZE
【本 社】東京都港区芝大門ニ丁目7番8号 協和第二ビル2階
【URL】https://milize.co.jp/
【設 立】2009年
【資本金】642,993,000円(資本準備金含む)
【代表者】代表取締役 田中 徹
【事業内容】
■AIを活用した運用商品開発や相場動向分析システム等の開発及び販売
■AIや金融工学を用いた運用方法、リスク管理、予兆管理などの研究開発
■AIを活用した統合ライフシミュレータ「MILIZE人生設計」の開発及び販売
■AIやITに関するコンサルティング、ビッグデータ処理に関するコンサルティング


プレスリリース提供:PR TIMES

記事提供: PR TIMES

保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.