|

今すぐ子どもがほしい女性が25%、いつかはほしいが36%。出産後は同じ会社で働きたい57%。OZmall×オムロン式美人「働く女子の保健室だより」|保険ニュース

今すぐ子どもがほしい女性が25%、いつかはほしいが36%。出産後は同じ会社で働きたい57%。OZmall×オムロン式美人「働く女子の保健室だより」

働く女性700人に聞いた「仕事・妊娠・子育ての悩み」

スターツ出版株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:菊地修一)が運営する女性サイト「OZmall」 http://www.ozmall.co.jp/ (会員数270万人)と、オムロン ヘルスケア株式会社(本社:京都府、代表取締役社長:荻野勲)が運営する「オムロン式美人」 http://www.healthcare.omron.co.jp/bijin/ と共同で企画する「働く女子の保健室だより」では、働く女性700人に「仕事・妊娠・子育ての悩み」アンケートを発表いたしました。
◆詳細はこちら>> http://www.ozmall.co.jp/especial/beauty/10516/
[画像1: https://prtimes.jp/i/607/863/resize/d607-863-567814-3.jpg ]


Q 将来、子どもがほしいと思いますか?

[画像2: https://prtimes.jp/i/607/863/resize/d607-863-608773-1.jpg ]

今すぐほしい 25%
いつかはほしい 36%
分からない 19%
ほしいと思わない 20%

A.子どもがほしいが約6割
子どもがいない働く女性の約6割が、子どもがほしいと回答。ただし、妊娠中の「つわりなどの体調不良で仕事を休んで周りに迷惑をかけてしまわないか」「通勤ラッシュに耐えられるか」などを心配する声が多数。さらに、出産後も子育てと仕事の両立ができるかという心配を抱えている人も多いのが実情。
◆みんなの不安や疑問は?
職場は妊婦への理解があるので不安はない。ただし、責任ある仕事から外れざるを得ない状況(20代)/妊娠初期こそ体調が不安定なのに、安定期に入ってから報告…一番しんどいときに周りのフォローを得られないのは大変(20代)/近くに両親がいない場合、出産後仕事を続けていくことは難しいと思う。後輩は子どもが保育園に入れなくて辞めていった(30代)
◆先輩ママの立場から
上司や周りの方との信頼関係は大事にしてほしい。困ったときはお互い様と思って、頼るだけではなく自分にできる仕事は積極的に関わって(30代)
◆医療の立場から
一番は子どものことを考えるべき。仕事の代わりはいますが、お腹の子を守れるのは自分だけです。ハードワークで子どもになにかあっても、責任はとってもらえません(30代)

Q 出産後、仕事はどのようにしたいですか?

[画像3: https://prtimes.jp/i/607/863/resize/d607-863-772302-2.jpg ]

同じ会社に復帰(フルタイム)27%
同じ会社に復帰(時短)30%
転職したい 10%
働くつもりはない 8%
分からない・その他 25%

A.同じ会社で働きたいが約6割
産休・育休や復帰後の時短勤務など、制度がしっかりしている会社もあるが、職場によってかなり差があるよう。中には「就活の時、産休・育休制度の整ったところを選んだ」という女性も。先輩ママがいると心強いという意見がある反面、子育て制度向上のため会社の女性が集まって現在奮闘中という声も。
◆出産後の仕事、こうしたい
【フルタイム復帰希望】出産は人生の一つの通過点。それまで積み重ねたものを変えるのはもったいない(40代)/時短勤務の制度があるが、給料やボーナスが大幅にカットされるためフルタイムで働かざるを得ない【時短復帰希望】収入がなくなるのは経済的に不安。やめたら今以上の条件で再就職はできないと思う(30代)【転職したい】土日は必ず出社で、子どもがいると勤務が難しい職種のため (20代)【働くつもりはない】すぐに保育園に預ける今の時代に疑問(30代)
◆先輩ママの立場から
復帰後しばらくは時短でお迎えギリギリまで働き、帰りは全速力でいつも疲れていました。産休・育休制度が整っている会社かどうかで、その先の人生が大きく変わります (40代)/いろいろ大変だけど、産んだことを後悔したことはありません。子どもはかわいい。迷っている方は、年齢が上がると妊娠しにくくなるので早めにパートナーと検討した方がいい(40代)

※アンケート/OZmall(オズモール)調べ 期間:2017/7/22~7/28 N=701
※回答者701人中 20代121人/30代342人/40代190人/50代以上48人 ※うち子どもなしの回答者555人中 20代111人/30代282人/40代138人/50代以上24人

妊娠・出産は、女性ならではの特別な体験。仕事との付き合い方は難しいけれどポジティブにとらえている先輩もたくさんいます。女性の美と健康を応援する「オムロン式美人」が妊娠に関する体のお悩みについてのQ&Aやコラムなど様々な記事を紹介しています。ぜひ、働く女子の保健室とあわせて参考にしてください。
◆女性の美と健康を応援する「オムロン式美人」 http://www.healthcare.omron.co.jp/bijin/

■「オズモール」とは? http://www.ozmall.co.jp/  
「オズモール」は1996年に女性ライフスタイル誌「OZmagazine」のWEB版としてスタート。特集記事や、高級ホテル・レストラン・ヘアサロンなどのプレミアム予約サービスを掲載し、会員270万人に支持されている。
■「オムロン式美人」とは? http://www.healthcare.omron.co.jp/bijin/ 
女性の社会進出、結婚・出産といったライフスタイルの変化や価値観の多様化に加え、女性特有の体の変化という両面に対応しつつ、「健康で美しくありたい」という女性たちの思いをサポートするためのプロジェクト。

◆データの引用・二次加工して転載する場合のクレジット表記について
本調査の引用・転載の際は、必ずクレジット、及びWeb媒体の場合はサイトへのリンクを明記くださいますようお願い申し上げます。
・クレジット「オズモール×オムロン働く女子の保健室だより調べ」
・リンクURL http://www.ozmall.co.jp/especial/beauty/10516/

■この記事についてのお問合せ先 : スターツ出版株式会社 広報  佐々木 
TEL:03-6202-0311 Mail : contact@starts-pub.jp

プレスリリース提供:PR TIMES

記事提供: PR TIMES

保険

人気記事ランキング

保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.