|

食卓?おもちゃ?リビング? 出産後、除菌・消臭したいと感じるTOP3|保険ニュース

食卓?おもちゃ?リビング? 出産後、除菌・消臭したいと感じるTOP3

清潔にしているつもりの室内でも、小さな子どもがいると、雑菌やニオイが気になる場面が増えます。

エーツーケア株式会社は3歳以下の子どもと同居しているママ1,483名に対し、除菌・消臭に関する意識・実態を調査しました。すると、「室内の除菌・消臭の必要性」を感じているママが多いこと、さらに除菌・消臭アイテムに関しては効果も安全性も捨てたくないという、<除菌・消臭ジレンマ>が存在していることがわかりました。

一番除菌の必要性を感じるのは「ダイニング」と「子どものおもちゃ」
はじめに、出産後、室内の除菌・消臭に対する意識が上がったかきくと、85%のママが「はい」と回答。除菌、消臭ともに約9割のママが「必要性を感じる」と答えています。

出産後、室内の除菌・消臭の必要性を感じるようになった場所やものについても質問しました。すると 「除菌」については、1位に「ダイニングテーブル・食卓」「子どものおもちゃ」(同率66%)、3位に「リビング」(58%)となりました。子どもがよく触れる場所や口に入れる可能性が高いものに対しては、特に除菌の必要性が高まることがうかがえます。

続いて、出産後、「消臭」の必要性を感じるようになった場所やものをきくと、1位は「オムツ入れ」(67%)、 2位は「トイレ・おまる」(51%)、3位は「ゴミ箱」(37%)という結果に。特に「オムツのにおいが気になる」という声が多く聞かれました。

ママの本音は「除菌・消臭効果の高さと安全性のどちらもあきらめたくない」
除菌や消臭対策について聞くと、66%が「除菌・消臭の方法や除菌消臭剤の選択に困ったことがある」と解答しており、アイテム選びに悩みを感じる人が多いことがわかります。

除菌・消臭効果の高い商品の代表ともいえるのがアルコール入りのアイテムですが、80%のママが「アルコールが使用されている商品は子どもへの影響が気になる」と解答。使用意向が高い反面、子どもへの影響を避けたいママたちの“ジレンマ”が垣間見える結果となりました。

また、現在使用している除菌・消臭アイテムの不満をきくと、「安全性に不安がある」「除菌力が低い」「消臭力が低い」との声が多く集まりました。「除菌・消臭効果の高さと安全性のどちらもあきらめたくない」と思うかという質問には、94%が「そう思う」と回答。“除菌・消臭ジレンマ”に陥りたくないママの姿が浮かび上がります。

“除菌・消臭ジレンマ”解消に「A2Care」

除菌消臭剤「A2Care」は、独自技術による新メカニズム 水溶液「MA-T」を採用。ニオイの原因物質や菌に的を絞って無臭化することに成功しました。ANAをはじめとした多くのエアラインで採用され、飛行機やラウンジ内の清掃に使用されています。

一般的な消臭剤は、ニオイの元を芳香剤でコーティングする手法。しかし「A2Care」はニオイの原因菌そのものを除去。結果、ニオイ戻りの心配がなく、液自体が無臭のため、スプレーによる混合臭もありません。

複数の第三者検査機関における試験の結果、高い安全性を認証済み。今回の調査でママたちが除菌・消臭したい場所やものに挙げられていたリビング、テーブル、おもちゃ、オムツなど、すべてに使用可能です。

大切な我が子を守りたいから、除菌と消臭は安心できるものを選びたいもの。さっそく「A2Care」を試してみませんか。

【参考】
※「A2Care」商品ページ(Amazonから購入可能)
https://www.amazon.co.jp/a2care

記事提供: リファイド

保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (469)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.