|

【東海地区経営者向け】病院・クリニック・介護・調剤業界の未来を見据えた東海エリアヘルスケアカンファレンス開催|保険ニュース

【東海地区経営者向け】病院・クリニック・介護・調剤業界の未来を見据えた東海エリアヘルスケアカンファレンス開催

9月20日(木) 名古屋マリオットアソシアホテル

中堅・中小企業の“M&A仲介実績No.1”の株式会社日本M&A センター(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三宅 卓)は、2018年9月20日に名古屋マリオットアソシアホテル「タワーズボールルーム」にて≪東海エリアヘルスケアカンファレンス≫を無料開催いたします。

[画像1]https://digitalpr.jp/simg/1345/28787/500_271_201809131117315b99c8bb14f7a.png

2025年には後期高齢者数がピークをむかえ、5人に一人が75歳以上、3人に一人が65歳以上という超高齢社会に突入します。この影響からヘルスケア業界の需要が高まる一方で、人手不足と後継者不足の深刻化が進んでおります。

帝国データバンクの2014年発表の調査結果によると、国内全産業の65.4%の事業は後継者不在です。中でも医療・介護の分野は、実に無床診療所の90.3%が後継者不在との結果が出ています(2011年同社調査結果)。
また調剤業界や介護業界では報酬改定の影響で、人員確保の問題だけでなく、財源の確保なども相まって、非常に苦しい経営環境となり廃業する企業も増えています。例えば地方の病院が廃業することにより「その地域で通える病院がなくなる!」という事態も想定され、病院廃業の影響は生活者にとって非常に深刻な問題となります。

この2025年問題を踏まえ、ヘルスケア業界の経営者様が今何を考えるべきなのか、また企業を存続させるために何が必要なのかをお伝えし、事業承継における選択肢の一つとしてM&Aがどのように有効なのかをご理解いただくため、東海エリアヘルスケアカンファレンスを開催いたします。


「病院・クリニック・介護・調剤業界の未来を見据えた 東海エリアヘルスケアカンファレンス」概要

【名称】東海エリアヘルスケアカンファレンス
【主催】株式会社日本M&Aセンター
【日時】2018年9月20日(木)13:00~16:30(受付開始12:30~)
【会場】名古屋マリオットアソシアホテル「タワーズボールルーム」(名古屋市中村区名駅1-1-4)

【プログラム】
第1部:「2025年問題・少子高齢化・医療費増加がもたらす医療機関・ヘルスケア企業への影響と予測~医療機関・へルスケア経営者が、今から準備すべきこと~」
講師:株式会社ボストンコンサルティング・グループシニアパートナー&マネージング・ディレクター 植草 徹也 様

[画像2]https://digitalpr.jp/simg/1345/28787/100_120_201809131324155b99e66f077f7.jpg
【略歴】 京都大学法学部卒業。南カリフォルニア大学経営学修士(MBA)。株式会社電通、BCG ダラスオフィスを経て現在に至る。BCG ヘルスケア・プラクティスのアジアパシフィック地区リーダー。マーケティング&セールス・ プラクティスのコアメンバー。 【専門分野】 医療機関、医薬、医療機器中長期戦略、オペレーション改革、グローバル戦略、医療経営 【著書】 BCG流病院経営戦略(エルゼビア・ジャパン)


第2部:「業界メガ再編で変わる10年後の日本~調剤薬局業界から見た業界再編~」
講 師 :日本M&Aセンター 上席執行役員 業界再編部長 渡部 恒郎

[画像3]https://digitalpr.jp/simg/1345/28787/100_120_201809131325135b99e6a98e1e7.jpg
1983年大分生まれ、大阪育ち。京都大学経済学部在学中に入社したベンチャー企業でNo.2となり、関連会社を設立、取締役就任。卒業後、日本M&Aセンターに入社。2008年から15年までM&Aプレーヤーとして同社において累計最多成約実績を誇る。16年新たに業界再編部を立ち上げ、17年、同社史上最年少で執行役員に就任。代表的成約案件であるトータル・メディカルサービスとメディカルシステムネットワークのTOBでは過去最高のプレミアムを記録した(グループ内再編を除く)。日経ヴェリタスにて「中堅・中小M&Aの第一人者」として紹介されるなど、各種メディアで取り上げられている。著書に『業界メガ再編で変わる10年後の日本』(東洋経済新報社、2017年)、『「業界再編時代」のM&A戦略-No.1コンサルタントが導く「勝者の選択」』(幻冬舎、2015年)がある。


第3部:「医療介護事業者が今考えるべき経営ビジョンと事業承継対策とは~東海医療圏における病院クリニック・介護事業者のM&A戦略を再考する~」
講師:日本M&Aセンター 執行役員 医療介護支援部長 谷口 慎太郎

[画像4]https://digitalpr.jp/simg/1345/28787/100_120_201809131325285b99e6b8c7ce4.jpg
昭和53年生まれ。明治大学経済学部卒業。平成13年東京三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。外資系投資銀行、ヘルスケア投資ファンドにおいて投融資業務、アセットマネジメント業務を経験、事務長として医療機関の再生業務にも従事した後、日本M&Aセンター入社。医療介護専門チームの責任者として50件以上のM&Aを経験、日本における医療・介護M&Aの第一人者となる。現在もM&Aの最前線に携わり、セミナーや寄稿も多数。


【参加申込み】
日本M&Aセンターセミナー担当係まで
TEL:0120-169-785(受付時間:平日9:00-17:30)
Web: https://www.nihon-ma.co.jp/page/seminar/healthcare_tokai1809/

■株式会社日本M&Aセンター 会社概要
・設立:1991年4月(業歴27年)
・拠点:東京、大阪、名古屋、福岡、札幌、広島、沖縄、シンガポール
・事業内容:中堅中小企業のM&A支援
中堅中小企業のM&A成約支援実績は業界No.1の累計4,000件超。
東証一部上場、M&A専門コンサルタント約300名。
企業の「存続と発展」を目的とした友好的M&Aを全国で支援。
全国の地方銀行9割、信用金庫8割、780の会計事務所と提携し、 国内最大級のM&A情報ネットワークを構築。


記事提供: Digital PR Platform

保険

人気記事ランキング

保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.