|

BIGLOBEが企業の課題解決をIoTで支援するBL-02のソリューションをパッケージ化して提供開始~パートナーと連携し工場、介護、ホテルや農業向けに最適なソリューションを拡充~|保険ニュース

BIGLOBEが企業の課題解決をIoTで支援するBL-02のソリューションをパッケージ化して提供開始~パートナーと連携し工場、介護、ホテルや農業向けに最適なソリューションを拡充~

BIGLOBEプレスルーム
http://www.biglobe.co.jp/pressroom/release/2018/09/180913-a


ビッグローブ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:有泉 健、以下 BIGLOBE)は、Android(TM)搭載のIoTデバイス「BL-02」(注1)とソリューションを組み合わせて企業の課題解決を支援するBL-02 パッケージソリューションを、本日9月13日より提供開始します。
https://biz.biglobe.ne.jp/bl/


 BL-02 パッケージソリューションは、「BL-02」を活用したソリューションを企業の抱える課題に合わせてパッケージ化したものです。幅広い企業ニーズに対応すべく、パートナー企業と連携し工場、介護、ホテルや農業向けのソリューションを2018年度内で50個まで拡充予定です。

 第1弾として、2つのパッケージソリューションの販売を開始します。特長は次の通りです。

1.屋内測位ソリューション「iField indoor」
 マルティスープ株式会社(以下 マルティスープ)と連携した製造業・流通業向け屋内測位ソリューション。60台までのビーコン(注2)と3台の「BL-02」を貸与。クラウドを含む環境設置、測位実証、測位実証レポートを提供。1カ月以内の導入検証パッケージで初期費用98万円。
https://biz.biglobe.ne.jp/bl/ifield_indoor.html


2.介護用離床・転倒検知ソリューション「Palette IoT for care」
 株式会社Momo(以下 Momo)と連携した介護用リモート検知ソリューション。ベッド用センサー2台、ドア開閉センサー1台とゲートウェイの「BL-02」を組み合わせることで、介護施設での要介護者のリモート検知が可能。センサー、受信機、アプリケーション、「BL-02」を含むパッケージで初期費用92,994円、月額費用1,550円(注3)。
https://biz.biglobe.ne.jp/bl/palette_iot.html


 なお、このようなパッケージソリューションを幅広い企業ニーズに合わせて拡充するため、「BL-02」を活用したソリューションを共同で開発する「BL-02 SIパートナー」への参加企業を募集します。SIパートナーに参加した企業は、「BL-02」の1年間無料貸し出しを受けられるほか、専任スタッフによる開発やマーケティングのサポート、BIGLOBEのWebサイトでの紹介が受けられます。
https://biz.biglobe.ne.jp/bl/si_partner.html


 現時点でBL-02 SIパートナーとして参加する企業は、位置情報ソリューションを提供するマルティスープ、IoTベンチャーのMomo、KDDI株式会社、他13社です。

 「BL-02」は2018年4月の販売開始以降、製造業・接客業を中心に、接客現場での多言語翻訳や工場での行動センシング(注4)などに活用されています。一方、多くの企業からはIoT導入にあたり「具体的にどのような課題を解決できるのかわからない」「費用対効果が知りたい」といった声があり、目的・費用が明確なパッケージ化が求められていました。


 BIGLOBEはネットとリアルの世界の「Life-changing Company」を目指し、お客さま一人ひとりのかなえたい想いを実現してまいります。


(注1) 「BL-02」は10軸センサーとLTE通信機能を備えた名刺サイズのAndroid搭載IoTデバイス。10軸センサーは、加速度センサー3軸、ジャイロセンサー3軸、地磁気センサー3軸、気圧センサー1軸を採用。

(注2) Bluetooth Low Energy無線技術対応ビーコン

(注3) BIGLOBEモバイルの初期費用、BIGLOBEオフィスサービス管理者「基本コース」月額基本料500円(税別)/月が含まれます。

(注4) 対象者にウェアラブルデバイスを携帯させることで、現在地の把握や行動軌跡をリアルタイムで可視化。マップと連携させて工場などでの働き方を見える化するなど、作業効率向上などに活用可能。

※表記の金額は、特に記載のある場合を除きすべて税別です。
※記載されている会社名および商品名は各社の登録商標または商標です。
※「Android」は、Google LLCの商標です。
※「Bluetooth」は、Bluetooth SIG, Inc.の商標または登録商標です。
※BL-02の製造元は株式会社オプティムです。

詳細はこちら

記事提供: PR NEWS

保険

人気記事ランキング

保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.