|

多くの役職を歴任するリーダーが明かす「トップの条件」とは?『“普通の勤務医”だった僕が赤字の病院経営を立て直して医療・介護施設グループを設立するまで』2019年4月12日発売!|保険ニュース

多くの役職を歴任するリーダーが明かす「トップの条件」とは?『“普通の勤務医”だった僕が赤字の病院経営を立て直して医療・介護施設グループを設立するまで』2019年4月12日発売!

株式会社幻冬舎のグループ会社、株式会社幻冬舎メディアコンサルティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:久保田貴幸)は、『“普通の勤務医”だった僕が赤字の病院経営を立て直して医療・介護施設グループを設立するまで』(松井 住仁 著)を2019年4月12日に発売いたしました。
――――――――――――――――――――――――――
医師 兼 理事長“70年”の軌跡に学ぶ「病院経営」の極意

今、病院が「淘汰の時代」を迎えています。もはや、患者からも病院スタッフからも「選ばれ続ける病院」でなければ生き残れない時代になったのです。では、どのようにすれば世の中から求められるのか――病院経営者自らが考え方を変える転換期に来ているといえるでしょう。そのヒントになるのが、本書の著者である医師 兼 経営者である松井住仁氏の歩みです。松井氏は30年前、先代理事長から借金だらけの赤字病院を引き継ぎました。そして、近隣の患者のニーズに応えるために在宅医療と介護のサービス拡充に取り組んだところ、地域包括ケアシステムの中核病院として成功。巨額の借金を完済し、経営を黒字に回復させることができました。現在、松井氏が代表を務める施設・団体は約30となっています。
本書では、赤字からスタートした病院経営をどうやって黒字にしたのか。スタッフ定着率の高い病院や介護施設をどのようにして実現したのか。施設数の増加に伴うガバナンスで重要なことは何かなど、松井氏の実践してきた病院経営の考え方を紹介していきます。

【書籍情報】
書 名:『“普通の勤務医”だった僕が赤字の病院経営を立て直して医療・介護施設グループを設立するまで』
著 者:松井 住仁(マツイ ジュウニン)
発売日:2019年4月12日
定 価:800円(税抜)
体 裁:新書/178ページ
ISBN :978-4-344-92228-0
【目次】
[第1章] 医療の基本は“仁の心”にあり
[第2章] “多様なニーズ”に謙虚に耳を傾ける
[第3章] 患者に尽くす“医療のプロ”に──
[第4章] 病院淘汰時代を制するのは“謙虚な医療”を実践した者

【著者プロフィール】
■松井 住仁(マツイ ジュウニン)
医療法人社団 成仁会 理事長・長田病院院長。
1947年生まれ。1972年、昭和大学薬学部卒業。1977年、昭和大学医学部卒業。1981年、昭和大学医学部大学院(公衆衛生学)修了。1978年から昭和大学病院で第3内科助手として勤務。1982年に退職後、長田病院で勤務。1999年、同病院の理事長、院長に就任し、現在に至る。
社会福祉法人 同塵会 理事長/社会福祉法人 横浜市社会福祉協議会副会長/公益社団法人 横浜市病院協会副会長/公益社団法人 神奈川県医師会理事/公益社団法人 神奈川県病院協会常任理事/法務省 人権擁護委員など、多くの役職を歴任。「謙虚に生きる」をモットーに、上昇志向を持たない、引き受けた仕事は精いっぱいやる、自分をアピールしないの三つを実践。現在の役職はすべて他薦であり、患者はもちろん同業者からも大きな信頼を寄せられている。



記事提供: DreamNews

保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (469)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.