|

株式会社WOODYが提供するプロのカウンセラー陣による一気通貫のオンライン育児相談サービス「育児発達相談窓口」を経済産業省が導入。|保険ニュース

株式会社WOODYが提供するプロのカウンセラー陣による一気通貫のオンライン育児相談サービス「育児発達相談窓口」を経済産業省が導入。

~同サービスを福利厚生制度として年内30社への導入を目指す~

株式会社WOODY(代表取締役:中里祐次)は、同社が提供する一気通貫のオンライン育児サービス「育児発達相談窓口」を経済産業省が従業員向けの福利厚生制度として導入したことを発表いたします。

「育児発達相談窓口」は発達障がい児と、その子供たちが興味を持っている分野の学生や専門家などをマッチングさせ、発達障がい児の可能性を伸ばすWEBサービス「Branch」を運営するWOODYが新たに提供を開始した企業向けの福利厚生サービスです。
これまで「Branch」の運営を通じた発達障害の子供への対面/オンラインでの豊富なカウンセリグ経験を活かして、「育児発達相談窓口」では、導入先企業の福利厚生サービスとして育児やお子様の発達に悩む従業員向けに、臨床発達心理士、作業療法士、言語聴覚士、療育士、子供向けワークショッププロデューサーをはじめとした各種専門家によるオンラインでのカウンセリングサービスを提供いたします。
本サービスの導入を通じて、周囲に相談しづらい育児の悩みをオンラインで気軽に各種専門家に相談できる機会をつくり「育児と仕事の両立の難しさ」を抱える従業員のサポート・退職減を目指しています。
この度、2019年1月より、経済産業省が同サービスを従業員向けへの福利厚生として導入いたしました。これにより、同省で働く従業員は、育児、お子様の発達について、本人のメンタルヘルスについてなど、育児にまつわる様々な悩みを各種専門家によるオンラインカウンセリングを通じて相談することができるようになります。


■株式会社WOODY代表取締役 中里コメント
「育児に関してすべて相談できる場所というのは中々なく、一人で悩んでいる方が多いです。このサービスを始めたきっかけは、私個人宛に様々な方から育児や発達に関する相談をもらっていたからです。家庭の中の内容なため勤めている場所には相談しづらく、何も伝えないまま転職してしまったり辞めてしまったりということがこれまで多かったです。そういった一人ひとりの悩みをお聞きして、従業員の方を大切にしたい法人様の課題解決の一助となれば幸いです。」
「育児発達相談窓口」は、今後も福利厚生制度として、企業への導入を進めていき、年内30社への導入を目指しております。同サービスの発展を通じて、「育児と仕事の両立を抱える」従業員のサポート・退職減に取り組んで参ります。


■育児発達相談窓口 について
株式会社WOODYが企業向けに提供する一気通貫のオンライン育児やお子さまの発達に関する相談サービス。サービス導入先企業の福利厚生制度として、育児やお子様の発達に悩む従業員向けに、臨床発達心理士、作業療法士、言語聴覚士、療育士、子供向けワークショッププロデューサーをはじめとした各種専門家によるオンラインでのカウンセリングサービスを提供する。
(サービスロゴ)
[画像: https://prtimes.jp/i/12061/2/resize/d12061-2-381611-0.png ]


■株式会社WOODY について
WOODYは発達障がいのお子さま向けのサービス”Branch”と、代官山にある教室”Branch room”を運営しています。Branch(ブランチ)は、アスペルガー症候群やADHD(注意欠陥・多動性障害)などの発達障がい児と、その子供達が興味を持っている分野の学生や専門家などをマッチングさせ、発達障がい児の可能性を伸ばすWEBサービスです。
Branch サービスサイト
http://branchkids.jp/

■株式会社WOODY 代表 中里祐次プロフィール

2007年、早稲田大学卒業後、(株)サイバーエージェント入社。子会社の(株)サイバー・バズにて広告クリエイティブのディレクションを担当し東京インタラクティブ・アド・アワード受賞。広告プランニング/商品開発経験後、子会社の(株)プーペガール取締役に就任。その後Amebaにて、ソーシャルゲームのスマートフォン対応、プラットフォームのオープン化担当、プロジェクト責任者などを経て独立。

2013年11月にWOODYを創業。

プレスリリース提供:PR TIMES

記事提供: PR TIMES

保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.