|

高齢出産でなくても気になる…胎児の状態を把握する「出生前診断」とは?|保険ニュース

高齢出産でなくても気になる…胎児の状態を把握する「出生前診断」とは?

2017年の第1子平均出産年齢は30.7歳。35歳以上の初産も全体の2割、総出生数では3割弱になり、高齢出産が珍しくない状況です。
高齢になると流産の確率も上がり、「染色体異常」を持った子どもが生まれる確率もぐっと上がります。そこでいま注目されているのが「出生前診断」です。
今回は、これまで多数の新型出生前診断を行ってきた八重洲セムクリニックの奥野院長に伺ったお話を交えながら、出生前診断の実態に迫ります。

「出生前診断」とは?
出生前診断とは、赤ちゃんが胎内にいるときにその状態を把握するために行う検査のことをいいます。特殊な検査を思い浮かべがちですが、検診で常時行うエコー(超音波)検査なども出生前診断の一つです。
エコー検査は胎児に影響を与えることなくできる検査(無侵襲検査)ですが、胎児がある程度の大きさまで成長しないと見えないことがあり、また微細な異常を発見することはできません。そこで「染色体レベルで異常がわからないか?」との考えが出てきたのです。

染色体レベルの検査の種類
まず注目されたのは「羊水検査」。妊婦のお腹に針を刺して羊水をとり、そこに含まれる胎児由来の細胞を調べるという検査方法です。
羊水検査は微細な異常を除けば、診断精度は100%といわれていますが、流産の確率も約0.3%程度あります。費用は12〜15万円程度が相場のようです。
同様の検査に「絨毛(じゅうもう)検査」があり、こちらは胎盤の一部を採取して調べます。

次に「母体血清マーカーテスト」が登場します。これは妊娠中に変化するホルモンやたんぱく質量によって、21トリソミー(ダウン症)や18トリソミーといった染色体異常の確率を測定するものです。
あくまで確率が出るだけなので、精度としては低いものになります。費用は2〜3万程度です。

新型出生前診断とは?
2011年(日本への導入は2013年)に生み出され、染色体レベルの診断に飛躍的な革新をもたらしたのが「新型出生前診断」です。
正式には「無侵襲的出生前遺伝学的検査(Non-Invasive Prenatal genetic Testing/略してNIPT)」と呼ばれるこの検査は、母体の血液から胎児のDNA断片を解析するため、従来よりも精度の高い診断が行えます。血液検査なので、胎児に影響を与えることなく安全に検査できることが大きなメリット。また母体血清マーカーテストと違い、全染色体を検査することができます。
羊水検査などはある程度お腹の大きくなった妊娠16週くらい(絨毛検査で10〜13週)からしか検査ができませんが、NIPTは10週から検査が可能です。

ただし、陰性的中率が99.9%と非常に高く、不必要に侵襲的検査を受ける必要がない一方で、陽性的中率は85%程度で、確定診断には羊水検査などの侵襲的検査を受ける必要があります。
費用は20万円と、他の検査に比べるとやや高くなっています。

検査を受ける意味
八重洲セムクリニックの奥野院長によると、検査を受ける半数以上が35歳以上の方だそう。中でも2人目以降の出産時に受ける場合が多いそうで、経産婦であっても年齢的に不安になる方が多いようです。

高齢出産でなくとも、「もし異常を持って生まれてきたら?」と不安に思う人は多いでしょう。
何があっても産むと決めている方は、いずれの出生前診断を受ける必要はありません。しかし、異常があった場合、産むこと自体を考えたい方には、いきなり流産の可能性のある検査を受けるより、事前にこのNIPTを受ける価値があるでしょう。

いずれにせよ、一人で考え、悶々とするより、きちんとした施設でカウンセリングを受けてみることをお勧めします。その上で、自分たちの考えをはっきりさせ、その考えに応じて検査を受けるのか、受けないのか、受けるのであればどの検査を受けるのかを決めるのがよいのではないでしょうか。

※取材協力
八重洲セムクリニック 奥野院長
http://cem-clinic.com/director/

記事提供: リファイド

保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.