|

ネットプロテクションズが新たな福利厚生をスタート出産・育児期の「働きたい想い」を支援する新制度「ココット」|保険ニュース

ネットプロテクションズが新たな福利厚生をスタート出産・育児期の「働きたい想い」を支援する新制度「ココット」

産休・育休を取得する人も、それを受け入れる人にも考慮した手厚い制度内容


[画像1: https://prtimes.jp/i/22451/64/resize/d22451-64-194186-2.jpg ]

 新しい信用を創造するCredit Tech(クレジットテック)のパイオニア、株式会社ネットプロテクションズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:柴田 紳、以下当社)は、出産や育児期の社員を対象とした福利厚生制度「ココット」を発表いたしました。本制度は出産・育児等のライフイベントを迎えても「社員の働きたい想い」をかなえるためのサポート制度として制定しました。母親はもちろん父親であっても利用でき、また利用者と業務において近いメンバーにとっても快く休暇取得をしてもらえるよう、ステークホルダー全てにとってメリットが大きく手厚い内容となっています。

■制度施策一覧
施策は出産準備期、産休・育休期、復帰後の3 フェーズにおいてそれぞれ制定しており、合計で19の施策があります。
[画像2: https://prtimes.jp/i/22451/64/resize/d22451-64-919232-0.jpg ]

■施策詳細
【第1フェーズ】出産準備期
1.ストック休暇
つわりや通院等、妊娠期間中は休まざるを得ない日が増える傾向にあるため、年次有給休暇が不足してしまう場合に備えて、有給のストック休暇の利用範囲を拡大しました。同状態のライフパートナーの看病や通院同伴が理由の場合も利用可能です。

2.サポーター社員の雇用
常に人員が余剰しているチームは少ないため、体調が悪くても休みづらい、または急遽休まざるを得ないときはチームメンバーに過度な負担がかかる場合があります。妊娠により定常的な就業が困難になりそうなメンバーの所属部署は、次の人事異動時期までの期間、サポーター社員(業務委託/派遣契約)を雇用できます。妊娠した社員および関わる社員の業務を再分配するなどして、特定メンバーに過度な業務負担がかからないよう活用されます。

3.妊娠お祝いランチパーティー
出産への不安やプレッシャー、チームメンバーへの負荷の心配などから、妊娠を発表しづらい場合もあるかも知れません。ただ、妊娠は喜ばしいことですし、各種調整のためにも、発表は早いに越したことはありません。素直に打ち明けやすく、それをチーム全員で喜べるよう、メンバーの妊娠が判明した場合は、お祝いのためのランチ費用を支給いたします。ただし安定期に入るまで発表を控えたい等のご希望があれば、一旦の周知は最低限の範囲とし、パーティー開催は安定期に入った後でも構いません。

4.オフィスワーク転向
営業や採用など、外出の多い業務は母体への影響が心配になることもあるため、本人のご希望をいただき次第、内勤職種への異動を調整いたします。なお、どの職種においても、残業は極力しない/させないよう、本人/周囲ともに配慮をします。

5.時差勤務
妊娠中の満員電車通勤は非常に負担が掛かるため、通勤ラッシュを避けるなど、フレックスタイム制ではなく時差勤務をすることを認めます。時差勤務のパターンは以下の通り。
1.7:30~16:30 2.8:00~17:00 3.10:00~19:00 4.10:30~19:30

6.遅刻・早退
妊娠中は体調不良になりやすい方が多く、急に勤務できなくなることもしばしばあります。
勤怠管理者に報告の上、無理をせず遅刻/早退いただいて構いません。給与は勤務時間相応とはなりますが、勤怠不良を理由に評価が下がるようなことはありません。


【第2フェーズ】産休/育休中
7.出産特別休暇
多くの企業において慶弔休暇は「配偶者の出産時(≒男性社員)」にのみ与えられがちです。NPでは配偶者だけでなく、出産者本人にも3勤務日の特別有給休暇を付与しています。配偶者の方は、出産立ち会いや出産者へのケアのため等に、出産者本人は、復職後の保育園行事や家族イベント等にご活用ください。

8.休業中のトレサポ利用
休業中は成長停滞感などの不安を覚えることがあるかも知れません。オンライン講座等の自己研鑽に励まれる方は産休/育休中もトレサポを利用いただけます。
※トレサポとは、スキル獲得を目的とした最大10万円の費用補助制度です。

9.社内情報取得サポート
情報格差の拡大は、疎外感を覚えてしまったり、復職意欲を下げてしまいかねないため、休業中も社内の情報を取得できるよう下記のサポートを実施いたします。
1.社内ネットワーク環境にアクセスできる端末の支給
2.社内報等の毎月郵送
3.3か月ごとに人事との定期面談を実施(基本は1.の支給端末によるSkype面談)

10.復職サポート
復帰1ヶ月前を目処に、具体的な配属先・業務内容のSkype相談を受け付けます。


【第3フェーズ】NP復帰後
11.キャッチアップ専念期間
長期休業からの復帰は少なからずプレッシャーがあるため、3ヶ月以上の長期休業後は、5営業日を目安にキャッチアップ専念期間であることを全社に公表します。周囲との認識齟齬を減らし、復帰のプレッシャーを少しでも緩和するため、あえて明示します。

12.復職お祝いランチパーティー
一緒に働くメンバーの復帰は喜ばしいことであるので、チーム全員で喜べるよう、お祝いのためのランチ費用を支給いたします。

13.認可外保育園補助
認可保育園の抽選に外れた場合、比較的高額な認可外保育園しかなく、復帰を断念(延期)する方は少なくありません。仕事復帰のために認可外保育園へ預けざるを得ない場合、認可保育園の保育料との差額を子ども1人当たり上限月10万円として補助します。認可保育園に当選しても、送り迎えにあまりに不便な立地だと、勤務時間が短縮されてしまうケースがあるかも知れません。通勤時間短縮のために認可外保育園へ預ける場合、認可保育園の保育料との差額の半額を補助します。
※毎日送り迎えをしなければならず、保育園変更により通勤時間が1時間/日以上短縮できる方に限ります。

また、社員であれば優先的に入園できるような提携保育園もございます。

14.病児保育補助
小さい子は体調を崩しやすく、保育園も預かれないため、急遽当日予定を全キャンセルしないといけないものです。子どもが病気で保育園に預けられない場合、病児保育のベビーシッター費用を上限2,000円/時×1日あたり12時間まで補助します。

15.子連れ勤務
勤務中に急遽1~2時間だけ子どもを見ないといけなくなりベビーシッター等の利用が適当でない際は、短時間かつ会議室が開いている場合に限り、会議室を利用することができます。ただし、お子様から目を離さず、執務スペースへの入室は不可とします。

16.時短勤務
保育園の登園時間によって始業に間に合わない等、通常勤務時間や法定の育児短時間勤務(6時間)では継続就業できない時期がある場合、最短10:00~16:30への勤務時間変更が可能です。
※ならし保育期間等、必要と判断された場合はさらなる時短も可能です。
※給与は勤務時間相応とはなりますが、勤怠不良を理由に評価が下がるようなことはありません。

17.ファミリーイベント
仕事に関して家族の理解を得られるに越したことはありません。当社の仕事に関する理解関心を深めるため、年に1回メンバーのご家族を招いての社内見学会を開催します。
└会社説明+オフィス見学+交流ランチ+お土産 等を予定しています。

18.出戻り歓迎
出産/育児のために一時は退職を選択したものの、状況/心境の変化によりその後復帰できる状態になることがあります。出産/育児を理由に退職したメンバーは、退職から3年以内かつ提示した雇用条件に合意いただければ、採用を確約します。

【常時対応】
19.相談デスク
妊娠/出産/育児には悩みが尽きないので、人事とは別にお子さんがいる社員がサポーターとなり、相談を常時受け付けます。

[画像3: https://prtimes.jp/i/22451/64/resize/d22451-64-194186-2.jpg ]


■制度名称の由来
「ココット」とは、『「個々」の事情や状況を解決して、「フラット」に働ける環境をつくる』というコンセプトから命名しました。また、フランス語のココット皿にもかけており、様々な制度から自分に合ったものを持っていける器でありたいという想いも込められております。

■ココット制定の背景
当社においてはじめて妊娠・出産を迎えた女性社員が発生したことにより、同部署の社員を中心とした有志の4名の社員によって、多様な働き方を実現する制度策定を目的とした「Diversity&Inclusionワーキンググループ(以下D&I WG)が発足しました。当該の女性社員が、「妊娠・出産後も復職したい」という意思があったことから、安心して産休・育休が取得でき、スムーズに復職ができるように制度を検討しました。また、妊娠・出産・育児は女性だけの問題ではなく、男性にとっても大きなライフイベントであることから、誰もが利用できるように手厚い内容となっています。この度先述の社員がスムーズに復職したことから、本制度の価値をより広く知っていただければと考えています。


■株式会社ネットプロテクションズ概要
ネットプロテクションズは、テクノロジーを活用して新しい信用を創造する「Credit Tech(クレジットテック)」のパイオニア企業として、あらゆる商取引を円滑にしていくことを目指します。2002年より、日本で初めて未回収リスク保証型の後払い決済サービス「NP後払い」の提供を開始し、前年比約140%のスピードで成長を続け、現在では累計利用者数が1億人を突破するまで成長するに至りました。2014年より、同サービスにより培った与信ノウハウとオペレーション力を企業間取引向けに展開した「NP掛け払い」の本格販売を開始し、前年比約170%のスピードで成長を続けているほか、2017年には新しいカードレス決済「atone」をリリースいたしました。保有するビッグデータは顧客の購買歴・支払い歴をあわせた取得難度の高い信用データです。今後は蓄積した信用データをもとに、様々な領域でのデータ活用・展開を模索していきます。

商号    :株式会社ネットプロテクションズ
代表者   :代表取締役社長(CEO)柴田 紳
URL    :https://corp.netprotections.com/
主な事業概要:BtoC通販向け後払い「NP後払い」の運営
       BtoB向け後払い「NP掛け払い」の運営
       BtoCサービス向け後払い「NP後払いair」の運営
       新しいカードレス決済「atone」の運営
       ポイントプログラムの運営
設立    :2000年1月
資本金   :3億8千5百万円
所在地   :本社 〒104-0061
       東京都千代田区麹町4丁目2番地6 住友不動産麹町ファーストビル
       
       関西オフィス 〒604-8136
       京都府京都市中京区烏丸三条東入ル梅忠町24番地 三条COHJUビル 4F

       台湾オフィス 11047 台北市信義區松智路1號11樓

プレスリリース提供:PR TIMES

記事提供: PR TIMES

保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.