|

株式会社hokan、ズボラ保険のリリース、どころか開発すら断念!|保険ニュース

株式会社hokan、ズボラ保険のリリース、どころか開発すら断念!

無念の断念。我々の涙が尽きることはない。

株式会社hokanが保険加入の煩雑さに悩む人のために支払う保険金を入力するだけでオススメの保険を提案するズボラ保険事業を立ち上げようとしましたが、開発を断念しました。
[画像: https://prtimes.jp/i/28337/11/resize/d28337-11-582621-2.jpg ]


保険を選ぶ際には、考えることが非常に多くあります。

「そろそろ保険はイルカ(入るか)」と思っても、中々簡単には加入することはできません。

保険に興味がある、というだけでよく、後はLINEで全部提案してくれるサービスがあったら。

株式会社hokanは、こんな想いで「ズボラ保険」サービスを開発し、新たな保険提案の形を生み出そうとしていました。

しかし、サービスリリースに至るどころか、開発にすら着手せずに突然の事業撤退を決定。会社中に悲鳴が上がりました。


「ズボラ保険」には大きな2つのハードルがあり、サービス提供が困難だったのです。

そのハードルは、いわゆる保険ショップと呼ばれるような大型代理店やインターネットによる非対面型の販売の出現を背景に、平成28年に施行された改正保険業法がもとになっています。


まず1つ目のハードルは改正保険業法294条にて新たに導入された意向把握義務です。

これにより顧客の意向を把握せずに保険商品の提案や説明をすることが法律で禁止されてしまいました。

以下のような意向を確認することが必須です。

ア. どのような分野の保障・補償を望んでいるか。

(死亡保険、医療保険、家財保険、ペット保険等)

イ. 顧客が求める主な保障・補償内容

ウ. 保険料、保険金額に関する範囲の希望

これらの情報をユーザーに確認していくと考えてもらうことが多すぎてしまいます。そのため保険に興味があるだけで大丈夫、というコンセプトからずれてしまいます。


2つ目のハードルは保険募集行為に求められる要件です。

改正保険業法によって「保険募集行為」と「保険募集関連行為」が明確に定義されました。

・保険募集行為

保険契約の締結の勧誘とそれを目的とした保険商品の内容説明、申し込みの受領など

・保険募集関連行為

契約見込客の発掘から契約成立に至るまでの広い意味での募集プロセスのうち保険募集に該当しない行為

ズボラ旅行ではオススメの旅行プランを提案するように、ズボラ保険でもオススメの保険商品を提案することが必要です。そうなると、サービスに保険商品の説明が含まれてしまうため、上述の通り保険募集行為を行っているとみなされます。保険募集行為を行なうためには保険募集人資格の取得や代理店の開業などが必要です。

しかし、残念ながら株式会社hokanでは、現在、保険代理店を開業する予定はありません。


つまり、今のまま、「ズボラ保険」を提供しようとすると、長々と意向を確認したあげく、オススメの保険商品は提案できないという、全く意味のないサービスになってしまうのです。


こうして株式会社hokanはサービスの開発まで至らずに「ズボラ保険」事業の撤退を決定しました。

規制の厳しい保険業界で、流行りに便乗しようとしたことを反省しています。

(ズボラ旅やズボラのりかえはとても良いサービスです。株式会社hokanは心から応援しています!)

◆ズボラ旅

https://www.cocolocala.jp/lp/zubora

◆ズボラのりかえ

https://www.keitaikaeru.com/


しかし、株式会社hokanが取り組んでいる新サービスは一つだけではありません。

もう一つ革新的なサービスの開発を進めています。それこそ、「hokan™️」です。

https://hkn.jp/

顧客を想う保険営業のための最新SaaS(クラウド)サービス。webはもちろんスマホアプリでいつでも顧客情報を確認することができます。

こちらは明日(6/23)にパシフィコ横浜国立大ホールで行われますRingの会 オープンセミナーでブースを出して発表させていただきます。ぜひご期待ください!

※本リリースは、事前に株式会社Hotspringの有川さま、株式会社ジラフの麻生さま、の許可をいただいています。寛大なご配慮ありがとうございました!!

プレスリリース提供:PR TIMES

記事提供: PR TIMES

保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.