|

ムーディーズ・アナリティックス、保険会社の新報告基準への対応を支援するRiskIntegrity™ IFRS 17を発売|保険ニュース

ムーディーズ・アナリティックス、保険会社の新報告基準への対応を支援するRiskIntegrity™ IFRS 17を発売

ロンドン

(ビジネスワイヤ) -- ムーディーズ・アナリティックスは本日、クラウド対応ソリューションのRiskIntegrity™ IFRS 17を発売しました。RiskIntegrity IFRS 17は、保険契約を規定する新たな基準である国際財務報告基準(IFRS)第17号に基づく報告を支援する保険会社向けのソリューションで、IFRS第17号の実施期限である2021年までの本基準への対応をサポートします。

RiskIntegrity IFRS 17は、複雑なデータ集約型プロセスを管理し、主要な計算を実行する自動化された安全かつ柔軟な保険会社向けソリューションで、保険数理機能と財務報告機能を結び付けます。また、ムーディーズ・アナリティックスのAXIS™ 保険数理システムと統合するほか、他の保険数理システムにも完全に対応しています。

このソフトウエアは、多層の多通貨による統合やグループ間取引など、組織全体でデータと結果を集計する保険会社のニーズに対応し、単一または複数のロケーションで作業する機能を提供します。また、生命保険、医療保険、損害保険および再保険を含む多くの種類の商品を対象とし、契約上のサービス・マージン(CSM)計算、詳細な変動要因分析、総勘定元帳の転記と作成、データおよびワークフロー管理など、IFRS第17号の主要な要件に対応したすぐに使える機能を提供します。

ムーディーズ・アナリティックスの保険戦略・IFRS第17号ソリューションの責任者であるChristophe Burckbuchlerは、次のように述べています。「IFRS第17号では、バランスシート項目を定量化し、損益の源泉を特定する複雑な保険数理計算が財務報告で要求されます。そのため、IFRS第17号への対応においては、保険数理システムと会計システムの統合を一段と強化する必要があり、データ、モデリング、ガバナンス、および監査能力に関連する実務上の重要な課題が発生します。RiskIntegrity IFRS 17は、次世代テクノロジーを基に構築されたすぐに使えるソリューションであり、同基準の最も厳しい要件に対応しています。このテクノロジーと、当社の保険数理モデリングおよびデータ処理に関する深い専門知識が組み合わさることで、国際会計基準審議会(IASB)の期限に先立ち、保険会社のIFRS第17号プロジェクトを加速させることができます。」

RiskIntegrity IFRS 17ソリューションは、Saas、プライベート・クラウドまたはパブリック・クラウド、オンプレミス・インストールなど、複数のデプロイ方法から選択できます。Burckbuchlerは、さらに次のように述べています。「保険会社は新たな技術によってもたらされた機会を受け入れ始めていますが、同時に、新たなシステムと既存のシステムを統合する必要があります。当社は、企業が各社の状況に最も適したアプローチを選択できるよう、RiskIntegrity IFRS 17ソフトウェアを設計しています。」

ムーディーズ・アナリティックスのIFRS 17ソリューションの詳細は、こちらをクリックしてください。

ムーディーズ・アナリティックスについて

ムーディーズ・アナリティックスは、お客さまの成長、効率性の向上、およびリスク管理を支援する金融情報と分析ツールを提供します。当社は、卓越したリスクに対する専門性と広範な情報資源、テクノロジーの革新的な応用を統合して、今日のビジネスリーダーが変化する市場に確信をもって対応できるようサポートします。業界をリードする当社のソリューションは市場で高く評価されており、リサーチ、データ、ソフトウェア、および専門サービスを組み合わせて、優れたカスタマー・エクスペリエンスを提供することができます。当社は、その品質、クライアント・サービス、およびインテグリティに対するたゆまない取り組みを背景に、信頼できるパートナーとして世界中の数千の機関に選ばれています。

ムーディーズ・アナリティックスは、ムーディーズ・コーポ レーション(NYSE: MCO)の子会社です。MCOは、2017年に42億米ドルの売上高を計上し、世界各地に約11,900名の従業員を擁し、41カ国で事業を運営しています。ムーディーズ・アナリティックスに関する詳細については、www.moodysanalytics.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

連絡先

Moody’s Analytics Communications
Tracey Scott, 044.207.772.5207
tracey.scott@moodys.com
Moody’s Analytics Media Relations
または
moodysanalytics.com
twitter.com/moodysanalytics
linkedin.com/company/moodysanalytics

記事提供: ビジネスワイヤ

保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.