|

医療機器の製造・設計に関する展示会&セミナー「Medtec Japan 2018」■Medtecイノベーション大賞、一次審査通過企業製品を発表! ■注目セミナー「医療機器の保険はどこへ向かうのか」!|保険ニュース

医療機器の製造・設計に関する展示会&セミナー「Medtec Japan 2018」■Medtecイノベーション大賞、一次審査通過企業製品を発表! ■注目セミナー「医療機器の保険はどこへ向かうのか」!

「Medtec Japan 2018 (メドテック ジャパン)」は、UBMジャパン株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役:クリストファー・イブ)が4月18日(水)~20日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催する医療機器の製造・設計に関する“アジア最大級”の展示会・セミナーです。今回で10回目の開催となる「Medtec Japan 2018」は、医療機器の設計・製造に関わる企業・団体550社以上が出展予定で、期間中国内外の医療機器メーカーの開発・研究関係者、福祉機器メーカーの関係者約35,000人の参加が見込まれています。

今回は、「Medtec Japan 2018」会期中に“革新的な国産医療機器”に贈られる「Medtecイノベーション大賞」の一次審査通過企業製品(3月下旬に決定)の発表と、有料セミナーについてご紹介します。

■ 革新的な製品を表彰する「Medtecイノベーション大賞」、一次審査通過企業製品とは?

Medtecイノベーション大賞は、医療機器の設計・製造において、国内企業による革新的な製品を表彰するもので、毎年「Medtec Japan」の開催初日の 4 月18日(水)に大賞を選出します。最終審査のスケジュールと一次審査通過企業と製品をお知らせいたします。
「Medtec イノベーション大賞」は、「日本の技術をいのちのために委員会」の協力を得て2012年に創設したもので、今回で7回目となります。毎年、大賞1社と各部門賞(数社)を選出し、これまでに41社を表彰しています。受賞製品は世界に誇れる、日本発の革新的な医療機器や部材・部品、加工技術・製造装置等の製品として、国内外に広く伝えていきます。

■ 「MEDTECイノベーション大賞」第二次審査(最終審査)のスケジュール
医療機器の製造・設計において優れた成果を上げた国内企業を表彰する「MEDTECイノベーション大賞」の最終選考スケジュールをお知らせいたします。
日時: 4月18日(水) 13:00-16:00
会場: 展示会場内 フォーラム会場1 「Medtec大賞・授賞式会場」

<ノミネート企業によるプレゼンテーション(プレゼン10分、質疑応答5分)>
13:00-13:10 審査開始の挨拶:妙中審査委員長・一般社団法人 日本の技術をいのちのために委員会理事長
13:10-13:25 プレゼン1.木田バルブ・ボール株式会社 :人工関節(骨頭、カップ)など
13:25-13:40 プレゼン2.株式会社ケー・シー・シー商会 :採血静注練習キット(看護師一人一台、復職練習用)
13:40-13:55 プレゼン3.大阪大学/株式会社JMC/フヨー株式会社 :心臓カテーテル手技訓練用モデル群(冠動脈、TAVI、アブレージョン、心筋生検、他)
13:55-14:10 プレゼン4.シバセ工業株式会社 :医療用ストロー(細管)
14:10-14:25 プレゼン5.第一医科株式会社 :眼球運動検査装置(めまい診断、眼球運動の水平・垂直、初のリアルタイム回旋測定・評価)
14:25-14:40 プレゼン6.リード株式会社 :アラート管理(パニック値を担当医に迅速伝達)
14:40-15:20 最終審査会
 ※ 最終審査会中は、経済産業省 商務情報政策局ヘルスケア産業課 医療・福祉機器産業室長による講演
  「経済産業省における医療機器産業政策について」を予定しております。
15:20-16:00  授賞式

■ 「MEDTECイノベーション大賞」第一次審査を通過した企業と応募製品およびその主な技術
第一次審査には下記の6社(グループ)6製品(群)が選ばれています。
[表記説明:順番(04/18最終審査会プレゼン順)、社名、出展ブースNo.、公募製品、予選評価]

1. 木田バルブ・ボール株式会社 [No.2605]
 公募製品:人工関節(骨頭、カップ)など
 予選評価:金属加工における競争優位な技術力(真球度、表面平滑度)にこだわり、医療機器への参入を推進。医療機器メーカーと連携。
2. 株式会社ケー・シー・シー商会
 公募製品:採血静注練習キット(看護師一人一台、復職練習用)
 予選評価:異分野参入の好例として。看護師のニーズをよく汲み取り、一定の完成度の器具に仕上げている。看護系学部と連携。
3. 大阪大学 [No.2514]+株式会社JMC [No.1712]+フヨー株式会社 [No.2607]
 公募製品:心臓カテーテル手技訓練用モデル群(冠動脈、TAVI、アブレージョン、心筋生検、他)
 予選評価:2年前、開発直後に応募されたが、その際は様子見とした。
 その後、多様なモデルが開発され、訓練装置としての有用性を高めている。大阪大学医学部を含む3者連携。
4. シバセ工業株式会社 [No.904&1104]
 公募製品:医療用ストロー(細管)
 予選評価:ストローを、医療分野向け薄肉樹脂パイプとして、旺盛な用途開発努力を継続している。
5. 第一医科株式会社 [No.204]
 公募製品:眼球運動検査装置(めまい診断、眼球運動の水平・垂直、初のリアルタイム回旋測定・評価)
 予選評価:積極的かつ堅実な産学連携を推進し、次々と有用な医療機器の開発を進めている。山口大学医学部と連携。
6. リード株式会社 [No.513]
 公募製品:アラート管理(パニック値を担当医に迅速伝達)
 予選評価:密な産学連携でそれなりの完成度のシステムが開発されている。他の病院への普及を期待。群馬大付属病院と連携。

■ 「MEDTECイノベーション大賞」審査員紹介 (順不同、敬称略)
・審査委員長:
 妙中 義之 /一般社団法人 日本の技術をいのちのために委員会理事長、
 北島 政樹 /一般社団法人 日本医工ものづくりコモンズ理事長
・副審査委員長:
 クリストファー・イブ /UBMジャパン株式会社 代表取締役
・審査委員:
 色紙 義朗 /一般社団法人 日本医療機器産業連合会 産業戦略委員会 委員長)
 鎮西 清行 /国立研究開発法人 産業技術総合研究所 健康工学研究部門 副研究部門長 セラノスティックデバイス研究グループ長
 中野 壮陛 /公益財団法人 医療機器センター 専務理事
 寺島 誠人 /株式会社東鋼 代表取締役社長 *前回受賞企業として参加

■ 注目のセミナー (敬称略)

「MEDTEC Japan」の特長のひとつは、展示会と同時開催するセミナー(聴講有料:事前登録制)の豊富さです。
医療機器業界に新規参入を目指す企業が業界のエキスパートに直接質問できるセミナー[ 4/19(木)]や臨床工学士との交流セミナー[ 4/18(水)]、内外諸国の法規制の最新情報に触れるセミナー[ 4/19(木)]など、目的に合わせたセミナーが各種組まれています。
これらセミナーの中から、「医療機器の保険改定」に関する講演について、ご紹介します。

テーマ: 「保険改定:平成30年度の保険改定 医療機器の保険はどこへ向うのか」
日時:4月20日(金)09:30~16:05
費用:25,000円
演者、講演名
09:30- 座長: 昌子 久仁子 [テルモ株式会社 顧問]
09:35- 金光 一瑛 [厚生労働省 医政局経済課医療機器政策室 室長補佐]
『平成30年度診療報酬改定における保険医療材料制度改革について』
10:40- 日色 保 [ジョンソン・エンド・ジョンソン(株) 代表取締役社長兼メディカルカンパニー代表取締役プレジデント]
『平成30年度保険医療材料診療報酬改定を業界としてどうとらえるか』
12:45- 五嶋 規夫 [(一社)日本医療機器販売業協会 医療機器流通研究委員会 委員、(株)やよい 専務取締役]
『「医療機器流通の実態」と「保険改定までの道のり」(流通の観点から)』
13:50- 冨森 浩二 [帝人ファーマ(株) 在宅医療事業本部 在宅医療新規事業企画部門 特命プロジェクト担当部長]
『保険改定までの道のり(在宅医療機器の観点から)』
14:55- 五十嵐 中 [東京大学大学院 薬学系研究科 医薬政策学 特任准教授]
『医療機器のHTAとは?』
※ この他、期間中、無料セミナー(事前登録なし)も多数開催しています。

■ 「Medtec Japan 2018」開催概要
・展示会名: Medtec Japan 2018
・同時開催: 医療用エレクトロニクス展、介護・福祉 ロボット&機器 開発展、医療・ICT・在宅医療展、
検査キット 完成品・開発展
・会期: 2018年 4 月18日(水)~20 日(金) 10:00-17:00 (セミナー受付は午前9時より)
・会場: 東京ビッグサイト 東4・5・6ホール (東京都江東区有明3丁目11-1)
・主催: UBMジャパン株式会社
・後援: 公益財団法人 医療機器センター、一般社団法人 日本医療機器産業連合会、
一般社団法人 日本の技術をいのちのために委員会、タイ王国大使館
・協賛: 公益社団法人 日本臨床工学士会、一般社団法人 日本医工ものづくりコモンズ
・公式HP: http://www.medtecjapan.com/



「Medtec Japan 2018」に関するお問合せは下記までお願いします。
■ 報道関係の方々の問合せ先
広報窓口:株式会社アネティ 担当:こだま/真壁 Tel:03-6421-7397 Fax:03-6421-7398

■ リリース発信元
UBMジャパン株式会社 担当:滝川 Tel:03-5296-1034 Fax:03-5296-1018



記事提供: DreamNews

保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.