|

アクサ損害保険株式会社 2017年度第3四半期の主要業績のお知らせ|保険ニュース

アクサ損害保険株式会社 2017年度第3四半期の主要業績のお知らせ

アクサ損害保険株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長兼CEO:ハンス・ブランケン)は、2017年度
第3四半期(2017年4月1日~2017年12月31日)の主要業績を発表いたしました。

<2017年度第3四半期>
https://www.atpress.ne.jp/releases/148882/att_148882_1.pdf

[2016年12月期] [2017年12月期] [増減額/増減率]
元受正味保険料:38,835百万円 40,224百万円 1,389百万円(3.6%)
正味収入保険料:37,772百万円 39,558百万円 1,785百万円(4.7%)
正味支払保険金:19,227百万円 21,245百万円 2,018百万円(10.5%)
正味損害率 :58.0% 61.2% 3.2ポイント
正味事業費率 :22.8% 21.8% △1.0ポイント
保険引受利益 :1,618百万円 4,054百万円 2,436百万円(150.6%)
経常利益 :1,955百万円 4,463百万円 2,508百万円(128.3%)
四半期純利益 :1,330百万円 3,103百万円 1,773百万円(133.3%)

[2017年3月末] [2017年12月末] [増減額/増減率]
単体ソルベンシー
・マージン比率:695.7% 747.1% 51.4ポイント
総資産額 :87,722百万円 87,322百万円 △400百万円(△0.5%)
純資産額 :20,599百万円 23,647百万円 3,047百万円(14.8%)


【2017年度第3四半期決算の状況】
<元受正味保険料、正味収入保険料>
主力の自動車保険の持続的成長により、元受正味保険料は前年同期比3.6%増の40,224百万円となり、正味収入保険料は自動車保険の特約比例再保険の出再率の引き下げにより出再保険料が減少した結果、前年同期比4.7%増の39,558百万円となりました。

<経常利益、四半期純利益>
経常利益は前年同期より2,508百万円増の4,463百万円、税引後の四半期純利益は3,103百万円となりました。

<正味損害率、正味事業費率>
自動車保険の特約比例再保険の出再率の引き下げにより、再保険金が減少したことが主因となり正味支払保険金が増加した結果、正味損害率は前年同期から3.2ポイント上昇して61.2%となりました。正味事業費率は出再保険料が減少したことで受取出再手数料が減少しましたものの、社費を適切にコントロールした結果、前年同期から1.0ポイント低下し21.8%となりました。

<単体ソルベンシー・マージン比率>
単体ソルベンシー・マージン比率は、前事業年度末より51.4ポイント上昇の747.1%となりました。


業績のハイライト及びトピックスは以下のとおりです。
● 自動車及びペット保険が堅調な伸びを示したこともあり、元受正味保険料は対前年同期比3.6%の伸びを記録し、増収増益を達成することができた。今後も、堅固な収益力を基盤として、顧客への強固な支払い余力(ソルベンシー・マージン)を維持するとともに、成長に必要な投資を行っていく。

● 2017年12月11日より、「アクサダイレクト総合自動車保険」の新TVCM「僕が選んだアクサダイレクト」篇を全国で放映開始した。アクサジャパン3社共通のブランドアンバサダーでもある岡田 将生さんを起用し、お客さまが補償と保険料に納得した自動車保険を悩まず選べるよう、アクサダイレクトの自動車保険の特徴をわかりやすく紹介している。

● お客さまとのコミュニケーションの効率及びオペレーションの生産性の向上を目的として、電話システムを刷新した。今後も顧客主導型サービスの提供を通じて、顧客満足度の向上を図る。

● 聴覚障がい者をサポートする聴導犬の社会的な認知度を高めることを目的に、当社社員がボランティアにてペット関連イベントの来場者から寄付を募る活動を行った。「お客さまが自信を持って、より良い人生を送れるように寄り添う」というAXAの企業理念を、今後もこうしたコーポレート・レスポンシビリティ活動を通じて実現していく。


■アクサ損害保険について
アクサ損害保険株式会社は、1999年7月より営業を開始し、現在は主に自動車・バイク保険、ペット保険を販売しているAXAのメンバーカンパニーです。個人のお客さまを対象とした「アクサダイレクト総合自動車保険」は好調な売上を続け、保有契約件数は105万件を超えています。
URL: https://www.axa-direct.co.jp


■AXAグループについて
AXAは世界64ヶ国で16万5,000人の従業員を擁し、1億700万人のお客さまにサービスを提供する、保険および資産運用分野の世界的なリーディングカンパニーです。国際会計基準に基づく2016年度通期の売上は1,002億ユーロ、アンダーライング・アーニングス(基本利益)は57億ユーロ、2016年12月31日時点における運用資産総額は1兆4,290億ユーロにのぼります。AXAはユーロネクスト・パリのコンパートメントAに上場しており、AXAの米国預託株式はOTC QXプラットフォームで取引され、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス(DJSI)やFTSE4GOODなどの国際的な主要SRIインデックスの構成銘柄として採用されています。また、国連環境計画・金融イニシアチブ(UNEP FI)による「持続可能な保険原則」および「責任投資原則」に署名しています。


詳細はこちら

記事提供: PR NEWS

保険

人気記事ランキング

保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.