|

2017年度JCSI(日本版顧客満足度指数)第5回調査結果発表 楽天カードが9年連続顧客満足1位 都道府県民共済(生命保険)、ソニー損保が1位に返り咲き|保険ニュース

2017年度JCSI(日本版顧客満足度指数)第5回調査結果発表 楽天カードが9年連続顧客満足1位 都道府県民共済(生命保険)、ソニー損保が1位に返り咲き

公益財団法人日本生産性本部 サービス産業生産性協議会は、2017年度「JCSI(日本版顧客満足度指数:Japanese Customer Satisfaction Index)」第5回調査として、3業種(生命保険、損害保険、クレジットカード)における、のべ48企業もしくはブランド(以下 企業・ブランド)の満足度等を発表しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/144766/LL_img_144766_1.jpg
業界横断図

調査結果詳細: https://www.atpress.ne.jp/releases/144766/att_144766_1.pdf
参考資料 : https://www.atpress.ne.jp/releases/144766/att_144766_2.pdf


■各業種の顧客満足1位企業・ブランド
・都道府県民共済【生命保険】~5年ぶり顧客満足1位~
・ソニー損保(自動車保険)【損害保険】~2年ぶり顧客満足1位
・楽天カード【クレジットカード】~9年連続の顧客満足1位~


【I.調査結果】
<JCSI業種・業態別の顧客満足分布(2017年度第5回調査結果まで)>
https://www.atpress.ne.jp/releases/144766/img_144766_1.jpg
◎棒グラフの上端にその業種において最も顧客満足が高い企業・ブランド、下端に最も低い企業・ブランドが位置します。
◎矢印>は、各業種の調査対象企業・ブランドを順番に並べた際、ちょうど中間に位置づけられる業種中央値です(業種内の企業数が7社であれば4番目、8社であれば4番目と5番目の中間が中央値)。


第5回調査の3業種を比較すると、最高点は「生命保険」が最も高く、次いで「損害保険」となりました。中央値は「損害保険」「生命保険」の順に高くなっています。


【II.調査結果(業種別)】
業種中央値以上の企業・ブランドの順位を公開します。


■生命保険
~「都道府県民共済」が5年ぶり顧客満足1位~
生命保険は「都道府県民共済」が5年ぶりの顧客満足1位となりました。顧客満足を含めた全6指標で1位となっています。顧客満足2位は「コープ共済」となりました。顧客満足以外の5指標も2位となっています。
顧客満足3位は「全労済」となりました。共済3団体が顧客満足上位を占めました。

<顧客満足>
1位: 都道府県民共済 (81.7)
2位: コープ共済 (81.1)
3位: 全労済 (75.2)
4位: メットライフ生命(73.7)
5位: ソニー生命 (73.3)
6位: アフラック (72.7)
7位: アクサ生命 (70.9)

詳細(生命保険): https://www.atpress.ne.jp/releases/144766/img_144766_2.jpg

生命保険は上位2団体が僅差の傾向が続いています。また、前年度より中央値が下がっているものの、業種全体が上昇していることがわかります。


■損害保険
~「ソニー損保(自動車保険)」が2年ぶりの顧客満足1位~
損害保険は「自動車保険」「住宅・火災保険」に分けて調査しています。「ソニー損保(自動車保険)」が2年ぶりの顧客満足1位となりました。顧客満足のほか顧客期待・知覚品質・推奨意向・ロイヤルティでも1位になっています。顧客満足2位は「セゾン自動車火災(自動車保険)」で、知覚価値で1位となっています。

<顧客満足>
1位: ソニー損保【自】 (76.2)
2位: セゾン自動車火災【自】 (75.9)
3位: SBI損保【自】 (75.1)
4位: 全労済【自】 (73.3)
5位: 三井ダイレクト損保【自】 (73.2)
6位: 損保ジャパン日本興亜【住】(73.0)
7位: 全労済【住】 (72.5)
※【自】は自動車保険、【住】は住宅・火災保険

詳細(損害保険): https://www.atpress.ne.jp/releases/144766/img_144766_3.jpg

損害保険は直近3年間で上位2社の顧客満足のスコアが僅差で拮抗しています。


■クレジットカード
~「楽天カード」が9年連続顧客満足1位~
クレジットカードは「楽天カード」が、9年連続の顧客満足1位となりました。その他、知覚価値・ロイヤルティでも1位となりました。顧客満足2位の「Yahoo!JAPANカード」は、知覚価値が高い評価となっています。「ANAカード」は知覚品質・推奨意向、「アメリカン・エキスプレス・カード」は顧客期待・推奨意向で1位となりました。

<顧客満足>
1位: 楽天カード (73.8)
2位: Yahoo!JAPANカード(72.7)
3位: イオンカード (71.8)
4位: View カード (71.2)
5位: ANAカード (71.0)
6位: JALカード (70.5)
7位: 三井住友カード (70.2)
8位: JCBカード (69.7)

詳細(クレジットカード): https://www.atpress.ne.jp/releases/144766/img_144766_4.jpg

クレジットカードは、スコア幅が小さくなり1位と最下位の差が小さくなっていることがわかります。また、2位以下の上位企業のスコアが僅差となりました。


【「JCSI(日本版顧客満足度指数:Japanese Customer Satisfaction Index)」調査とは】
この調査は、統計的な手法による総計12万人以上の利用者からの回答をもとに実施する日本最大級の顧客満足度調査で、業種・業態(以下 業種)横断での比較・分析ができ、かつ、6つの指標で顧客満足度構造とポジショニングをチェックすることが可能です。本年度は年6回に分け、30業種超、約400の企業・ブランドの調査を行う予定です。「顧客の評価を起点とした業種を超えた競争」を促すことで、付加価値や顧客満足を高める経営が日本全体に広がり、企業の成長と国際競争力の強化に役立てることを狙いとし、2009年度から発表を行っています。JCSI(日本版顧客満足度指数)の詳細・特徴については、「参考資料1」をご参照ください。


【今回調査2017年度第5回、通算第46回調査)の概要】
1.対象業種/企業・ブランド:生命保険、損害保険(自動車/住宅・火災)、
クレジットカード
2.調査期間 :2017年9月27日~10月30日
3.調査方法 :インターネット・モニターを用いた調査
(2段階にて回答を依頼)
4.回答者数 :14,903人
(順位に含む41企業・ブランドの回答者は13,085人)
5.質問数 :約110問(「参考資料2」参照)
6.指数化の方法 :
下記の顧客満足をはじめとした6つの指標の各指数(詳細は「参考資料1」参照)は、それぞれ7または10点満点の複数の設問で構成され、その回答から100点満点になるように算出されます。複数の設問を「すべてを満点とした」場合は100点、「すべてを最低点とした」場合は0点となります。

※(1) 1次回答:調査会社のモニターを用いて、性別・年代別・地域別の人口構成に配慮した形で利用経験の有無についての回答を依頼し、今回は約22万人より回答を得ています。
(2) 2次回答:上記の1次回答が、選定条件に当てはまる方から無作為に抽出し、サービスに対する具体的な評価について、各対象460~740人程度に回答を依頼しました(※一部例外有り)。回答依頼は、回答者1人につき1企業・ブランドのみです。順位に含めた企業・ブランドは、300人以上の回答を確保しています。


【サービス産業生産性協議会(SPRING)とは】
公式サイト: http://www.service-js.jp
Facebook : https://www.facebook.com/SPRING.Service
Twitter : https://twitter.com/SPRING_Service (@SPRING_Service)
詳細 : https://www.atpress.ne.jp/releases/144766/att_144766_3.pdf


詳細はこちら

記事提供: PR NEWS

保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.