|

コンビニの変化に学ぶ|ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命

Check

コンビニの変化に学ぶ

コンビニエンスストアは、セブン・イレブンが東京・豊洲に1号店を開いたのが1974年5月。大型スーパー全盛の時代に上手く行くはずがないと言われ続けましたが、弁当などの商品の質を磨き上げると共に、あらゆるサービスの拠点となることで客層を拡大して来ました。1980年前後にコピー機を設置、90年前後には公共料金の収納代行を導入、2001年からATMの設置を始め、ATM利用客の約8割がついで買いをするという誘客スキームを次から次へと導入して来ました。

 

コンビニは一定周期で「飽和論」が生じて来ましたが、機能を進化させることではねのけて来ました。しかし、客数の伸び悩みや人手不足、人件費の上昇などを根拠に、今、新たな限界論が浮上しています。限界論の最大の根拠は、「既存店の客数が20ヶ月連続で減少し、既存店全体の売上高も5ヶ月連続で前年を下回っている」ことです。

各社は失速を避けようと色々な取組みをスタートさせています。

 

セブン・イレブンはシェア事業を手掛けるソフトバンクグループと提携し、自転車の貸し出しをスタート。貸し出しや返却のついでに立ち寄る利用者を見込む施策とのことです。さいたま市を皮切りに2018年度末までに全国都市部の1000店に5000台の自転車を配置するとのことです。都内でもシェア自転車を数多く見かけるようになりましたので、コンビニでシェア自転車があれば便利ですね。

 

ファミリーマートではコインランドリーやスポーツジムと組み合わせた店舗展開を始めます。2019年度末までに500店にコインランドリーを併設し、ジムとの一体型店舗は今後5年間で300店を展開する計画で、集客力をあげることが狙いです。ジムは健康を維持するには欠かせないものとなって来ており、立地の良いコンビニと提携して出店してくれると気軽に立ち寄れて非常に便利になると思います。しかも、プロテインとかの健康関係商品を置けば売り上げは確実に上がり、単価も高いので利益も上がると思います。

 

コンビニは各店の経営を加盟店が独立して担うフランチャイズ方式ですので、既存店の苦戦が続けば出店のハードルが上がり、店舗網の拡大に支えられているチェーン全体の成長モデルが崩れかねません。そのため、この限界論を「異業種サービスという補助エンジンを増やして来店客を増やす」取り組みで打ち破るろうとしているのです。

 

これって、保険ショップも全く同じです。

コンビニに倣ってコピー機を設置して集客したり、かつてはクイック・マッサージと組んだショップ展開をしたり、今でもヤマダ電機の家電を販売したりと異業種との提携は保険ショップの方が進んでいると思います。集客のための「イベント」も出来る保険ショップとコンビニの提携も遠い将来ではないと考えています。

 

常に「進化し続ける」ことが、サービス業の真髄です。

保険ショップはサービス業であることを認識して取り組んで行きましょう。

「全ての答えは、一般社団法人保険健全化推進機構結心会にあり!」です。

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.