|

みずほフィナンシャルグループ 店舗を小型店化へ|ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命

Check

みずほフィナンシャルグループ 店舗を小型店化へ

「みずほフィナンシャルグループ(FG)は今後10年かけ、全国のおよそ半数にあたる約400拠点(支店・出張所)を法人営業や個人向けなど機能を絞った小型店に切り替える検討に入った」と報道されました。

 

事務人員の大幅な削減と業務の効率化が狙いで、「すべての拠点」で「あらゆる金融サービスを取りそろえる」「全国一律サービス」から事実上撤退することになります。

 

みずほFGは2026年度までに1.9万人の業務量を減らす計画で、支店網の抜本的な見直しを柱にスリム化を進めます。

具体的には、全国を120地域に分け、中核店(ハブ店舗)と小型・軽量化した店舗(スポーク店舗)に再編、地域に中核店を1つは置いて周辺部に小型店を配置するそうです。

地域の需要に合わせ扱う業務は、例えば、個人客の来店が多い支店は投資信託の販売などに特化し、法人業務を中核店に集約するなど絞って行く方針が発表されています。中核店は全国で300弱となる見込みで、法人融資や住宅ローンなど全ての銀行業務に加え、みずほFG傘下の信託銀行や証券との共同店舗化を進めるとのことです。

 

「全国各地」に「あらゆる金融サービス」を提供するサービスからの撤退は、金融庁の銀行に対する方針にも寄ります。『用事があったら15時までに来なさい。』、『担保がないとお金を貸さない。』等といった銀行の姿勢を金融庁は非難しており、地銀に至っては明確なビジネスモデルを構築できないものは退場とまで言われています。こうした中、銀行本体で扱い辛くなったカードローンを子会社である保険代理店会社に卸して取り扱わさせ、閉鎖する銀行の支店を保険ショップ化する展開も進んでいます。人も本体銀行から子会社保険代理店にシフトして人員削減にも繋げています。

 

「当たり前が当たり前でない」時代が始まっています。

変な成功体験に頼っていては何もできません。むしろ、成功体験は捨てなければなりません。「常識は非常識」ということを念頭に、チャレンジとトライ&エラーを如何に繰り返せるかがポイントだと考えます。

12年前、保険ショップを全国展開する際に、全国各地の当時の生命保険大型代理店に声を掛けましたが、「保険ショップなんて成功するはずがない」といって断られました。その際に飛び込んで取り組んでいただいた当時中小零細の代理店は今では生保大型代理店へと変貌しました。そして、変貌した多くの代理店は成功体験から動きが鈍くなっています。

もう一度、保険代理店を再編成する動きが出ています。新しい一般社団法人を作って全国各地の保険代理店をネットワーク化しようとする動き、大手資本をバックに統廃合を一挙に推進しようとする動き等が顕著になっています。

 

もう一度「当たり前は当たり前でない」ことを肝に銘じて、チャレンジ精神を復活させていきましょう。そうしないと、銀行のように「小さくなるしか手がなくなります」よ。

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.