|

改正保険業法施行から1年|ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命

Check

改正保険業法施行から1年

昨年5月29日に改正保険業法が施行されて1年が経ちます。

この一年間で色々な変化があり、「フィデューシャリー・デューティ」、「プリンシプル」、「ベスト・プラクティス」等々といったカタカナの用語が普通に使われるようになりました。

そこには金融庁自体の改革があります。

 

今回は、金融庁が推し進める三つの改革を理解しましょう。

①金融庁の改革

 皆さんは、金融庁の存在意義をご存知でしょうか。

 それは「国民の厚生の増大」です。

つまり、金融庁は「国民、生活者のためにある」のです。

そのために「業界規制庁」から「産業育成庁」に変わろうとしています。

 

今の金融庁の凄いところは、「過去のやり方は間違っていた」と認めたことです。

「過去のやり方が間違っていたので改める」として、言い方は適切ではないかもしれませ

んが、野球で言うと「アンパイア」から「コーチ」にいきなり変わろうとしています。

金融庁が出来て20年で、金融庁自体が改革を率先して取り組んでいるのです。

 

②地方銀行改革

 そして、改革の主軸を地方銀行改革に持って来ました。

現在、個人資産の総合計は1700兆円、そのうち預貯金は920兆円と言われています。

こうした個人資産を「再起動」させるために銀行改革を推し進めています。

昨年の「地方銀行窓販での保険商品販売手数料自主開示」も、この流れの一環ですね。

 金融庁は、銀行の数が明らかに過剰と解釈していて、能力のない銀行はいらないと明言し

ています。

能力のない銀行とは、例えば担保を取ってお金を貸す行為を指します。

金融庁は、担保を取ってお金を貸す行為は小学生でも出来る行為であり、金融のプロであ

る銀行員は企業の将来性であったり、地域への将来の貢献度であったりといった幅広い

尺度から判断して融資すべきであり、企業を育成する役割を担うべきだとしています。ま

さに正論ですよね。

そのために銀行への検査の在り方を変えるとしました。従来の重箱の隅をつつくような

検査を止め、本来あるべき金融の仕事をしているかの検査に変えるとしました。地方銀行故に、それなくして地元で存在価値はないとし、自分達が金融機関として仕事をすれば、リターンを得ることが出来るはずと指摘しています。

③資産運用改革

 預金を投資信託等にシフトさせ、預貯金で眠っている920兆円を再稼働させる改革で

す。そのための一つとして資産運用を活性化するために個人投資家向けの勉強会を普及

させたいと言ってます。日本では金融の勉強を子どもの頃からやっていないので、お金が

お金を生むやり方自体を好まない傾向にありますよね。これを欧米並みに近づけたいと

動いていて、投資商品自体の認可も積極的に動いています。

個人投資拡大を期待して登場したジュニアNISAは記憶にある方も多いと思いますが、

意外にも9万件しか売れず、ついに来年1月、金融庁が押し切った形で「積立NISA」

が登場します。

 

以上が金融庁の推し進める3つの改革です。この基本ラインを踏まえて、保険業界は如何になるべきかを考えていく必要があると思います。

 

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.