|

 第33回結心会定例会が開催されました。|ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命

Check

 第33回結心会定例会が開催されました。

1月18日~19日の二日間の日程で、第33回結心会定例会が開催されました。

今回も90名を超す保険代理店の方々に北海道から九州から参加いただきました。

ご参加いただきました保険代理店、保険会社社員の皆様、本当に有難うございました。

 

今回のテーマは、「基本型とイレギュラー型のマーケット創出手法を考える」!

今、新しいマーケットを如何に創出するかを考えるというテーマで取り組みました。

 

マーケット創出の一番手は「旬」である確定拠出年金だと思います。

確定拠出年金に加入している企業は全ての企業の僅か0.9%。ということは白地のマーケットと言っても過言ではありません。ただ、企業にアプローチして確定拠出年金について提案するためには、それなりの知識でガードする必要があると考えます。今「旬」である確定拠出年金については「資格」を幾つかの団体が作っていて、資格を取得することで「エビデンス」と「少しの自信」と「最新情報」を入手することが出来ます。こんな提案をしました。

企業が確定拠出年金に加入してくれれば、そこから「従業員の個別相談」に繋がりますよね。

 

個人型iDeCoについては、何と言っても対象に「公務員」と「主婦」が入ったことがポイントです。公務員だけ対象のセミナーを実施すれば地元の公務員に保険提案できる絶好の機会となります。公務員については「国」や「自治体」がiDeCoに加入するよう2月以降強力に推進していくことが予想されますので、これも早い者勝ちです。

「旬」をやることでマーケットを動かす! マーケット開拓の王道ですよね。是非、皆様もチャレンジ下さい。

 

そして、お客様に対して代理店が持つべきビジョン、コンセプトとして結心会が推進している「健康」をテーマにしたマーケット開拓に役立つアイテムもプレゼンいただきました。

 

その一つがプリベントメディカル社が推進している「がん早期発見できるアイテム」。尿を取得し凍らせて送ると「がんであるか否か」だけの判定をしてくれるというアイテムで、サービス開始後すでに「がんが発見できた」そうです。月々3240円のお支払いで年一回の検査が出来、企業が社員の福利厚生として採用している所が続出しているそうです。

 

これを前述の企業の確定拠出年金攻略時に説明できれば、二つの提案が一度に出来て便利ですよね。代理店も顧客サービスの一つとして採用を検討している所があるそうです。毎月3240円の負担は代理店が顧客に対するサービスとしては高過ぎると思いますが、1年でなく3年に一度の検査にすれば毎月1080円でサービス提供が可能とのことで、このくらいの金額であれば顧客サービスに活用できますよね。顧客に健康アイテムをサービスとして提供することで、当該代理店は「地域社会の健康を守る」というビジョン、コンセプトを掲げることが出来ます。こうした明確なビジョン、コンセプトが代理店の差別化に繋がり、マーケット開拓につながると考えます。

 

こうして毎回テーマを持って開催される「結心会定例会」!

次回開催は、4月19日~20日になります。

今からスケジュールに書き込んで、是非参加してみて下さい。

楽しいですよ。

 

 

 

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.