|

「おもてなし」には幾らでも対価を払っても良い!|ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命

Check

「おもてなし」には幾らでも対価を払っても良い!

25年ぶりに上高地に行ってきました。心臓バイパス手術から8ヶ月経過し、医者から「山の中で新鮮な空気を吸って血中酸素濃度を増やして来たら如何?」との指導があったので、久しぶりに山の中に行って来ました。

 

25年前は名古屋から車で行きましたが、今回は、新宿から特急電車で2時間半、松本から電車とバスを乗り継いで4時間強かけて漸く到着しました。

で、25年前に宿泊したホテルに行きました。

流石に、このホテルの「おもてなし」は素晴らしかったので、ご紹介したいと思います。

 

①どのスタッフも、身なりがきちんとしていて動きに隙がない感じでした。

初対面の際に気になるのは「所作」と「身なり」ですが、洗練されていて、清潔感と安心感を与えてくれました。夕食もホテルで食べましたが、料理を出すウエイターは料理を頭上に捧げるような体制でキッチンから運んで来て、料理の最終チェックをする人が料理を個々に最終確認をしてから各テーブルに運ばれて来ました。

各テーブルの食事の進み具合をチェックする専門のスタッフもいて、ウエイターが絶妙のタイミングで料理を運んでくれました。スタッフの役割分担もしっかり出来ていて素晴らしい対応でした。

 

②どのスタッフも間違いなく「しっかり目を見て話しかけて」来ます。

余りのアイコンタクトに目を逸らしたくなるくらい目を見ながら常に話しかけて来られて、改めてアイコンタクトの大切さを感じました。

 

③常に良質の情報を提供してくれました。

ホテルに宿泊した翌朝は6時にホテルを出て早朝散歩に出かけました。出かける際に今日の天気を聞いたら確実に答えてくれました。メディアの天気予報だけでなく上高地近くに実際に住んでいての予報を答えていただきました。前日の夜は雷が鳴り大雨で、山の天気は変わり易いので心配しながら出かけましたが、見事その通りの快晴になり、2時間半の早朝散歩を十分に堪能できました。

 

④何度かスタッフに声をかけて写真を撮って貰いましたが、事務的な取り方でなく親身になって何度も撮り直していただきました。一番ホテルの全景が入るポイントに連れて行っていただき一枚ごとに写真をチェックしつつ、カメラの露出も変えて撮っていただきました。

こうした素晴らしい「おもてなし」に対し、同行した家内は「このおもてなしに対して支払う対価は惜しくない」と発言し、成程!と思いました。

 

客は「おもてなし」に対価を払うのです。「おもてなし」が素晴らしければ、それが高価であっても対価を支払うのです。「おもてなし」が素晴らしいからこそリターンに結び付くのです。

 

保険ショップも「おもてなし」をもう一度、きちんと考えないといけないと思いますね。

あなたの周りの保険ショップの対応如何ですか。

 

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.