|

矢野経済研究所から保険ショップ市場調査2016年版が出てますよ。|ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命

Check

矢野経済研究所から保険ショップ市場調査2016年版が出てますよ。

2013年、2014年と発表されました矢野経済研究所の保険ショップ市場調査の2016年版が発表されています。

 

ニュースリリースされている内容は次の通りです。

【 調査結果の概要 】

 1. 市場概況と予測 2015 年度の来店型保険ショップの市場規模は新契約年換算保険料ベースで 1,732 億円の見込み、 2016 年度には 1,991 億円と 2,000 億円規模に達すると予測する。 また、来店型保険ショップの新規契約件数は 2015 年度で 167 万件の見込み、2016 年度には 192 万件まで拡大すると予測する。 これまでも来店型保険ショップ市場への参入企業は、乗合代理店を本業とする企業の他、異業種か らの参入もあった。金融業では生命保険会社、クレジットカード会社、銀行、証券会社等で、また流通小 売業、製造業、鉄道、マスコミ(放送局、新聞社)、その他サービス業からも、それぞれ子会社や一事業領 域として参入している。 来店型保険ショップが注目を集めるようになってから、生命保険会社の中には、直営のショッ プを展開する動きもあった。更に、消費者における来店型保険ショップの利用ニーズの高まりを 受けて、来店型保険ショップの本格的な参入に弾みがついている。生命保険会社の中には、来店 型保険ショップの買収のほか、大手流通小売業との業務提携によって異業種参入を後押ししてい るところもある。こうした新規参入組の来店型保険ショップが一気に広がれば、今以上に競争は 激化する可能性もある。 消費者の認知度の高まりは、これまで中核を占めていたファミリー層以外にも、シングル層や 高齢者層などに顧客層の広がりを見せてきている。これまで加入していた生命保険の見直しのほ か、追加加入も増加している。更に、損害保険の新規加入も増えており、来店者の増加と共に市 場規模は依然として拡大している。  

 

2. 業界動向 来店型保険ショップ業界は、保険業法改正という、これまで経験したことのない環境下にある。2012 年 6 月から始まった金融審議会「保険商品・サービスの提供等の在り方に関するワーキング・グループ」から 4 年、2014 年 5 月の改正保険業法の公布から 2 年、2016 年 5 月に改正法が施行される。 来店型保険ショップのなかには、既に規程の整備は終わり、体制整備の見直しを繰り返しながら店舗 での実証・検証段階にある企業もある。 保険業法改正では保険募集の際に、消費者に対し意向把握義務および情報提供義務が求められて いるが、こうした対応の実証段階で新たな効果も表れている。その一例として、段階を踏んだ意向把握と 情報提供の実施により 1 顧客当たりに割く時間が増え、生産性が低下したかに見えたが、コミュニケーシ ョンの深化により顧客の潜在ニーズを顕在化させ、結果として世帯当たり契約件数の増加につながるケ ースもあった。 一方、システム構築等の諸々のコストを補うための資金調達を積極的に行ない、経営基盤の増強、財 務基盤の強化を図る動きもあった。 法整備が進展するなか、販社としての来店型保険ショップは保険業界の一翼を担う存在たるべく、「金 融機関」としての意識づけと体制整備を進めている。 

参入企業のなかには、保険業法改正に伴う体制整備に係る実務やコスト負担、人材登用等に加え、 人口減少、少子高齢化という社会現象を背景に、事業の魅力が薄れ廃業する企業もあった。また、法人 向け事業に活路を見出す企業、自社経営から大手フランチャイザーの傘下に入る企業などが見受けら れ、事業・経営戦略に変化が表われている。 営業面に関しては、コスト負担の軽減や体制整備を優先していることから新規出店まで手が回らず、 従来に比して新規出店数に少なからず停滞がみられる。 しかし、更なる事業効率化を進めるため、商品の仕入れ先である提携保険会社数を絞り込み、営業力 を低下させるような動きは見られなかった。むしろ、通販保険への取組み、Web の活用(予約制導入、情 報発信等)、コールセンターによる電話営業で集客を強化するなどの施策で営業力を補完しているケー スもあった。 

 

保険ショップを運営されている保険代理店の皆さんの感想をお聞きしたいところですね。

数年ぶりに発表された裏には、保険ショップへの参入企業が相次ぐことが予想されてのことだと推察します。12万円しますが関心のある方は購入されてみては如何?

 

保険ショップは「やり方次第」で間違いなく成功するというのがネクタイ派手夫の自論です。

打つ手は無限にあります!

成功するには「結心会と組む!」、これだけで成功率は大幅にアップしますよー!!

 

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.