|

ライフプラザパートナーズを日本生命が買収|ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命

Check

ライフプラザパートナーズを日本生命が買収

日本生命がライフプラザパートナーズを買収というショッキングなニュースが流れて来ましたね。

 

日本生命はお嫌いだった保険ショップもライフサロンを買収することで参画し、今度はもっとお嫌いだった複数の保険会社を扱う訪問販売型の代理店をも手中に入れたことになりますね。日本生命は所謂セールスレディ体制を維持するため銀行窓販にも消極的と、徹底して「従来の営業体制」にこだわっていましたが、三井生命も買収し、ここで窓販拡大を図ろうともしています。第一生命に抜かれプライドが傷ついたとはいえ、ここまでやるかという徹底した路線変更とこのスピード感は流石と思いますが、同じ外販部隊として重複するライフプラザパートナーズの買収は異様と思える行動にも思えますね。

 

ライフプラザパートナーズは2000名を超すほどの募集人がいましたが「委任型募集人違法」との金融庁監督指針の変更に伴い大幅に減少したものの、今でも700名ほどの募集人を有する巨大代理店であることに間違いはありません。しかも元々ソニー生命の方が代表を務められていますので、所謂ライフプランニングが出来ることを売りにしています。今残られている募集人にそこまでの力はないと言われる方も多いですが数は力です。侮れないと思う一方、流石に日本生命の子会社化には反発され、今在籍する多くの募集人はやめられるんじゃないのかという危惧も感じます。と言っても日本生命は「箱」が欲しかった訳で募集人を入れ替えても箱は機能しますから問題はないと思いますが。

 

日本生命はライフサロンを買収し、そのままの勢いで「ニトリの保険ショップ」もライフサロンが運営する形で「ニトリのマーケット」にも参入しました。ニトリのマーケットは来店されるお客様というよりは社員の保険募集に注力されているようなので、外販部隊が必要だったのだと思います。

 

全国のドコモショップが来年保険販売をスタートさせるとしても今から人を育てることは至難の業だと思います。保険はあくまで「人」で決まります。ドコモショップで保険の意向把握とニーズ喚起をして後は訪問販売部隊がローラーをかけ、複数の保険会社の商品を提案すれば成果は出ると簡単に予想されますよね。

 

日本生命が株式を所有している数多くの企業で保険事業参入を検討している所は多いと思います。ここに日本生命主導で保険代理店を設置し同様の仕組みを導入されたら如何でしょうか。流石に保険マーケットは枯渇しますよね。多くの委任型募集人が業界から退場し更に来年施行の改正保険業法に耐えられない代理店が少なからず業界から退場する中、一部浮遊するマーケットをこうした形で押さえられては勝ち目がないと思います。

 

勝ち残るために保険代理店は集結・団結する時を迎えていると考えています。保険会社の垣根を超え全国の保険代理店が真に志で終結し戦略を立てる時が来ていると考えます。まさに戦国時代に突入します。下剋上を興すためにも集結・団結しませんか?

 

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.