|

保険ショップ出店の新しい動き|ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命

Check

保険ショップ出店の新しい動き

保険ショップと言えば、ショッピングセンター内のインショップと路面店の二大出店先があります。

 

ショッピングセンター内には11年ほど前、唯一「上場」していた保険代理店によって全国に「保険市場」が出店され全国を圧巻させましたが、7年ほど前に、この「保険市場」から店舗譲渡の形を受けて、現在大手と言われている保険ショップの殆ど多くが初めてショッピングセンターに出店出来るようになりました。

 

イオン、イトーヨーカドーといった大手ショッピングセンターが出店を認めるには企業としての障壁があって当然!唯一「上場」していた保険代理店にショッピングセンター出店が集中するのは当たり前ですよね。

 

現在大手と言われている保険ショップは未だ上場している所は皆無であり、「保険市場」から店舗譲渡が無ければ現在もゼロのままだったと考えます。

その後は、一度出店の実績を勝ち得た保険ショップが新規商業施設への出店を競い合うようになり、結果、「入札」するようにまで至りました。一坪驚くような家賃で入札がされ、資金力のある大手保険ショップの寡占に拍車をかけてきました。

 

しかし、この「良い場所に出店すれば上手く行く」という原則が崩れかけています。商業施設が次から次へと出店し、陳腐化のタームが極めて短くなっているからです。ネクタイ派手夫はバスで行けるのでどうしようもなく暇になったら六本木ヒルズや台場シティに行きますが、理由は「人がいない」からです。脚光を放った商業施設もアッと言う間に飽きられて新しい施設に人を取られていっています。

 

こうした中、新しい展開が見えてきています。

一つは路面店。最近は「コンビニ」の退店が非常に多くなっています。しっかりとしたマーケティングをされて出店されていて駐車場も広いコンビニ跡に保険ショップが多く進出し成果を上げています。「何のプロモーションもしないのに毎月20名程度の新規来店がある」といった話を至る所で聞くようになりました。しかも、地方での話です。保険ショップ自体が市民権を得たこと、保険相談する方は複数の保険ショップを回って確認する事例が多くなり意外と自宅近くの路面店に顔を出す方が多くなったこと、商業施設内の保険ショップは意識しないと発見できませんがコンビニ跡地の保険ショップだと目につき易いといった理由が考えられると思います。

また、書店内、ホームセンター内、携帯電話ショップ併設、ネイルサロン併設といった商業施設ではない施設への出店も増えています。「保険のターゲットを絞り込み」、場所を探すという動きです。女性マーケットが欲しければ女性が集まる場所に、シニアマーケットが欲しければシニアが集う場所に出店すれば、販売トークも複雑にならず商品もある程度限定されるので「人の力」に頼るパーセンテージが少なくて出来ますよね。

 

「良い場所に出店さえすれば上手く行く」という神話が崩れ、工夫次第でランニングコストを大幅に削減し新規来店だけに頼らないやり方がドンドン出てくる流れを感じますね。

保険ショップはショッピングセンター内と路面店と勝手に考えていた皆様、頭を柔らかくして皆さんが持っているインフラとマーケットを利用した新しい保険ショップを創造して行こうではありませんか。

 

 

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.