|

日本生命、保険ショップ事業参入|ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命

Check

日本生命、保険ショップ事業参入

日本生命が保険ショップ「ライフサロン」を買収して保険ショップ事業に参入とのニュースが飛び込んで来ました。

「ライフサロン」をご存知の方は業界通ですね。

元々「ベンチャーリンク」が構築した保険ショップで、ベンチャーリンク破たん前に、光通信グループの運営する当時の「みつばち保険ファーム」に吸収されましたが、一部店舗は「ライフサロン」の屋号そのままに今日まで営業していたものです。

それにしても株式90%取得で10億円とは・・・・・・。

これで、保険ショップFCやっている所は「売り先」が出来て喜んでいると思います。

10年で300店舗という報道でしたが、FCの屋号を使っている保険ショップを吸収すれば簡単に300店舗達成すると思います。ほけんの窓口だって、200店舗程度はFCですからね。他の屋号の所にはもっと多くのFCが存在しています。

さあ、各FCがどう動くか??注目ですね。

 

これで大手生命保険会社は保険ショップを販売チャネルとして所有しました。

○ 日本生命 ・・・・ ライフサロンを買収

○ 住友生命 ・・・・ 「ほけん百花」を本格展開中

○ 明治安田生命 ・・・・ 「ほけんポート」一応展開中

○ 朝日生命  ・・・・ ほけんの窓口の筆頭株主の伊藤忠商事の大株主は朝日生命

 

保険ショップも、保険会社がバックで運営するものや、イオンとかイトーヨーカドーとかの企業が運営するものとかばかりになりましたね。

第一生命も、昔は損保ジャパンDIY生命社、今は「ネオファースト生命保険」が、今秋から保険ショップ向け商品の提供を始めるといった報道もありました。

住友生命は既に保険ショップ向け商品を供給するためにメディケア生命を作っていますので、このあたりも混沌として来ましたね。

 

どうせなら、もっともっと多くの業種・業態の企業が保険事業、保険ショップ事業に参入すれば、もっと活況を呈して面白いのにね。

過渡期を迎えた保険ショップ事業。

やり方一つで大きく伸ばせる事業であることに間違いはありません。

当然のことながら、郵便局は保険ショップをやり、トヨタ自動車もディーラー各拠点に任せるのではなく別ブランド保険ショップを構築するでしょうし、銀行も叩かれ続けている窓販をやめて別ブランドを作って保険ショップ進出という図は目前だと思います。

改正保険業法に求められる「態勢整備」が本当にきちんと出来るのはこうした企業しかないと思いますので、参入障壁が高くなり「新規参入が極めて難しく」、しかも既存保険代理店も維持管理出来なくなり「保険業界から退場する所も多発」するであろう中、企業が保険事業参入するのは至極当たり前の事だと考えます。

 

何と言っても「金融」は儲かるし安定しています!!

今回の保険業法改正による参入障壁は普通の企業からすれば大したものではありません。

出来れば、もっと「じぇ、じぇ、じぇーーー!!」(かなり古いフレーズ?)と感嘆するような企業が保険事業参入してくれると面白いのにねー!!

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.