|

『ワォー』という驚きが無いと人は動かない!|ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命

Check

『ワォー』という驚きが無いと人は動かない!

日本マクドナルドホールディングスが2015年3月の販売データを発表し、既存店の売上高、客数、客単価とすべての項目で前年同月比マイナスと依然厳しい経営状況が続いています。

既存店売上高は前年同月比で29.3%減、客数は同23.5%減、客単価は同7.5%減。売上高は14カ月連続でマイナス、客数は23カ月連続でマイナスとなりました。2015年初頭に発覚した商品への異物混入問題などによって顧客離れが止まらないですね。

 

何に問題があるのか?

実は2年前のネクタイ派手夫の保険流通革命で日本マクドナルドのことを取り上げていました。その時の内容をそのまま紹介します。

 

『2012年12月期の既存店売上高が9期ぶりに前年実績を下回り、今年に入ってからも同売上高の2ケタ減が続くなど、業績不振にあえぐ日本マクドナルド。3月28日付けの日本経済新聞朝刊が、原田泳幸会長兼社長(当時)のインタビューを掲載していました。

売り上げが落ち込んでいる原因として、原田社長(当時)は「12年は夏に売り出した(高価格商品の)『世界のマック』シリーズが想定ほど売れなかったこと」や「秋から主力商品の『ビッグマック』や『チキンマックナゲット』の値引きセールをやめたこと」という内的な要因を上げつつ、「東日本大震災以降、家に早く帰る消費者が増えた」として、中食・内食に顧客を奪われたという内部要因があると語られていました。

また、サービスのスピードアップを狙ったレジカウンターからのメニュー表の撤去が「客に不親切だ」「利益率の高いセットメニューを買わせようとしているのでは」との批判を呼び、また60秒で商品を提供できなかったら無料券を渡すキャンペーンでは、「店員が焦って、バーガーがぐちゃぐちゃ」という炎上事件が起きるなど、最近ではテコ入れ策もネットの不評を買ってきました。                          

発表された時は、面白い「戦術」と考えていましたが、お客様の反応はなかなか難しいで                                                                             すね。

日経新聞の編集委員が、「マックが消費者から飽きられたのでは」と厳しい疑問を投げかけると、原田社長は「失敗の最大の要因は我々の創造力が落ち、顧客に驚きを提供できなかったことだろう」と語られていました。そして、「『グレート』、『ワォー』というサプライズが無ければ、人は動かない」とおっしゃってました。

うーーん!

分かってられますね。。。。

全く、その通りだと思います!

保険ショップを現場でやっていても、同じです。

 

保険ショップの店頭に立ってると、お客様が入られて店頭に立ってるスタッフを観た瞬間に別の通路に行かれて保険ショップの前を通ることさえ敬遠されることを見ます。

常に「感動」、「サプライズ」、「社会的貢献」、「地域貢献」等々に絡めたイベントを展開し続けないと、如何に巨大な商業施設に出店している場合でも新規来店者を増やす事は困難を極めます。

『えっ!!保険ショップでこんなことまでやっているの?!』、『えっ!保険だけでなく資産運用とかも教えてくれるの?!』、『えっ!保険ショップで物販もしてるの?!』・・・ことしたサプライズを提供し続ける事が大切です。』

 

結構、良い内容ですよね。

全く同じことが言えると思います。

『ワォー』という感動が無ければ人は動きません。

常に『ワォー』という感動を届けることは至難の業ですが、やらなければ人はアッと言うまに離れて行きます。ブランドも関係ありません。

セブンイレブンの様に常に変化し顧客の嗜好を確実に捉えた変化と常に『ワォー』の感動を届け続けるために汗と血を流して行こうではありませんか!!

 

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.