|

ダイナミックに店舗モデルを転換|ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命

Check

ダイナミックに店舗モデルを転換

「ダイナミックに店舗のモデルを転換し成長を目指す」

ローソンの新浪CEOが先週表明された言葉です。

新浪CEOは、「従来型のコンビニは飽和状態」と危機感を表明され、新しい方針を打ち出されました。

まずは、キャッチコピーを従来の「マチのほっとステーション」から「マチの健康ステーション」に変更し、低カロリー弁当や低糖質のパン、野菜を多く使った総菜などを増やし、大手食品メーカーと味わいを落とさず低カロリーを実現する食品の共同開発も進めると表明。3年後には食品の25%にあたる約600品を健康志向の商品に切り替えるとのこと。

 

健康配慮型の「ナチュラルローソン」も現在首都圏で約110店舗を展開していますが、これを全国展開させ、大阪、名古屋、福岡などに拡大させ新規出店と通常店からの業態転換を合わせて5年後には3000店に増やす方針も明らかにしました。

更に、医薬品を販売する店舗も5年後を目途に現在の80店から3000店規模まで広げたい考えも表明されました。

流石、新浪CEO、動くとなったら早いですね。

 

ファミリーマートは、ドラックストアや調剤薬局との「複合店舗」の新型店の展開を強化し、現在10店程度のものを5年で約1000店規模まで増やすと表明。

複合店舗に「転換」することで集客力が高まり、売上は5~9割程度も増えるといいます。

 

一歩リードするセブンイレブンは「店頭抽出コーヒー」店舗も既に全16000店舗で導入済みで極めて早いペースで設置を進め、今年は四国を中心に過去最大の1500店舗の新規出店を目指しており、一気にシェアを拡大する構え。ここに来て、商品力に加え店舗の投資余力でも圧倒的優位性を高めています。

 

この動きって「保険ショップ」でも同様の動きとなっています。

「カフェ&保険ショップ」、「スポーツクラブ&保険ショップ」、「カラオケ&保険ショップ」、「家具屋&保険ショップ」、「賃貸不動産&保険ショップ」、「書店&保険ショップ」、「飲食業&保険ショップ」、「マッサージ&保険ショップ」、「証券会社&保険ショップ」等々、色々な業種・業態との「複合店舗」が出来ています!

まさに「ダイナミックな店舗モデルの転換」と言えると思います。

 

コンビニ業界に押されている全国の「ドラッグストア」、「ファストフード飲食ショップ」、「コーヒーショップ」等々の方々、このチャンスに「保険ショップ」の併設をお考えになりませんか。

「複合店」として組むには「保険ショップ」は非常に組みやすいアイテムだと思います。

従来の店舗に保険ショップが出来れば、お客様の利便性が高まると思います。

 

「保険」を「新規事業」としてとらえるのではなく「本業」に送客出来るアイテムとして導入されると面白いと思います。

この機会に是非ご検討されてみませんか??

 

 

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.