|

カフェ併設のショップって如何?|ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命

Check

カフェ併設のショップって如何?

「保険ショップ」単体では、あと3年あるかどうかと常々話しています。

保険ショップが世に出て12年。干支で一回りした今、保険ショップも「変態」する時を迎えていると思います。

 

保険が「消耗品でない」以上、仕方がないことだと思います。

ここ10年間、常に隆盛を誇っている携帯電話や衣料品、100円ショップ等で販売しているものは全て「消耗品」! 使ってダメになったら買い替える訳ですので、何時までも消費が途絶えることはありませんが、保険は「長期の保障を買う」訳ですので、安易に買い替えはしません。

ロングタームの商品故に、一度加入すれば「用無し」となりますので、病気でもして給付金支払いが発生するとかしない限り、保険ショップに寄りつかなくなります。

従って、保険ショップ単体としては常に新規のお客様を開拓し続けないといけません。しかし、保険に関心のある層の開拓はなかなか難しいもの。。。。

 

そこで、入口を消耗品にしてみたらという発想を考えています。

 

で、一番簡単なのが「カフェ」併設です。

保健所に申請して審査して貰えれば営業出来ます。

保険ショップの入口近くに「カフェスペース」を作って、応接セットを幾つか置いて、バリスタの機器を借りればスタート出来ます。

コーヒー一杯300円として1日50杯出れば15000円のキャッシュインとなります。これが1ヶ月続くとすると、何と450000円のキャッシュインです。家賃とか余裕で支払えますよね。コーヒーの仕入れコストは30円位ですので採算は合いますよね。

保険ショップにいて来店が相次ぎ休憩も出来なかったということは稀だと思います。お客様が来られない間は、コーヒーを出す接客をして、お金を生ませるという単純な考え方です。

 

コーヒーで休憩中の方は、周りに置いてある「物」にも関心を持っていただけます。応接セットの周りに例えば「エンディングノート」を置いているとお客様が勝手に手に取って「欲しい」とおっしゃるかもしれません。「健康」や「美」や「資産運用」や「保険」の本が置いてあればご覧になって「この本が欲しい」とおっしゃるかもしれません。置いているだけでお客様のニーズ喚起が出来て、これが「物販」に繋がるという流れです。

実際に物販をしている「快活ショップ」(保険ショップという縛りでなく、もっと広く相続だったり葬儀だったり資産運用だったりとフィナンシャル全体のご相談が出来るショップ)では、物販で月30万円ほどの売上を上げています。こちらは仕入れコストがコーヒーほど安くはありませんが、収益には貢献しますよね。

 

こうした「変態」により、お客様は「飽きずに来店」下さり、口コミで今まで来店されなかったお客様が来店され、保険に繋がれば面白いと思いませんか。

スタッフも時間をもてあそぶということが無くなりますし、常に色々なお客様と保険以外でも接することでコミュニケーションの幅が広がると思います。

スタッフ研修のOJTとしても有効だとは思われませんか。

 

頭を柔らかくして、こうした「変態」、色々な企業・商材とのコラボこそが今後の主流になると思うのは、ネクタイ派手夫だけでしょうか。。。

 

 

access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.