|

サインの大切さ|ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命

Check

サインの大切さ

 

最近、宮崎県都城市や愛媛県松山市、香川県高松市に行く機会がありましたが、こうした所に行くと如何に保険ショップが多く進出しているか分かりますね。

 

松山市では、大きな商店街の「動線」上に何と3店舗も!!しかも、距離にして数100m間に3店舗の乱立ぶり!!驚いてしまいますね。お客様にとっては3店舗を同日に回り色々な提案が受けられるメリットはありますが、ちょっと異常感を感じざるを得ませんでした。

 

この3店舗を朝散歩でブラブラと見てきましたが、商店街の動線上にあるということにて全て「路面店」となります。

 

「路面店」では、やはり外側の看板、表記が「集客の要」となると思います。

 

どんな方々を対象に、どんな提案が出来るのか、そもそも保険ショップって何なのか、もっと遡って「保険」を取り扱っている店舗なのかを認知出来るサインになっているのか等々がポイントになると思います。

 

商店街に隣接しているので、どの保険ショップも2階部分があり、この部分に大きなサインがしてありました。

屋号にタグラインとしてキャッチフレーズ的な一文が入っていた店舗、単なる屋号だけの店舗と対応はマチマチ。。。しかもサインの字が小さいものもあり遠くからでは何の店舗なのか分からない外観のものまでありました。

最近では「保険ショップと言えば保険相談に乗ってくれる所」とか「複数の保険会社から保険見直しの相談に乗ってもらえる所」として『認知』はされてきましたが、「保険ショップのカテゴリー」の中から「あなたの保険ショップ」を選んでいただくための工夫にまだまだ欠けている所が多いですね。保険ショップとしての『認知』とあなたの店舗としての『周知』をさせるために、サインは大変重要なものです!

 

保険ショップを作る際に「お金」をかけるべきところとして、「サイン」、「お客様の椅子」、「接客時の机」の3点が上げられますが、皆さんの保険ショップはきちんと対応されていますか?

お客様と長時間お話しをする際に、微妙な距離感が必要ですが、この距離感を確保できる幅を持った机、お客様が長時間座っていただいてもお疲れの少ない椅子、そしてどんなことを発信できるのかのコンセプトを明確に表現できるサイン。

この3点にはお金をかける必要がありますよね。

最近は、豪華な保険ショップと、異常にチープで「単なる事務所」的な保険ショップと大きく二分化されているように感じます。

 

店舗は「人間」と同じです。

お客様は最初、店舗の外観、人で言うと「容姿や風貌等」をご覧になって来店され、スタッフと話をすることで「スタッフの人柄に共感」いただき保険加入へと進みます。

店舗の顔がサインです。

一目見て、「あっ、こんな人なんだ!」、「こんな人と保険の相談がしたいな」と思っていただくサイン作り!!

もう一度、見直す必要がありませんか??

 

 

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.