|

店構え|ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命

Check

店構え

あなたの保険ショップを正面からじっくり見たことがありますか?
商業施設に入った保険ショップの場合、周りのショップと並んでいて違和感はありませんか?

ネクタイ派手夫は保険ショップに行く際は、あらゆる「動線」から、まず確認します。
エスカレーターから上がって来たらどういう見え方になっているのか、エスカレーターを下ってくる場合にはどうなのか、エレベーターから出てきてどう見えているのか、階段を上り下りする際にはどう見えているのか。
少なくても、こうした「複数の視点」から確認しないと、ダメですよね。

エスカレーター下りながらショップを見ると全体が丸見えで、接客ブースの後ろまで見えてしまっているというケースもあります。ブースの後ろだと正面からお越しになるお客様からは見えないだろうと思って乱雑にしていても、エスカレーターからは丸見えという状況ですよね。そうしたら、お客様はどう思われるでしょうか。「だらしがないショップ」という判断をされますよね。この場合、絶対あなたのショップには立ち寄られませんよ。
つまり、きちんと整理整頓されている姿を何処から見られても良いように意識しておくだけで『集客』に繋がるのです!

ショップ内で、スタッフ同士が世間話でもしているのか談笑し合っているという姿も見苦しいですね。ショップスタッフがブースに座ってコーヒー飲んでいるなんてショップがあったら間違いなく一年後にショップは消えているでしょうね。こうした対応は接客のプロ意識の欠如としか言いようがないですね。

こんなショップには人は来ません!
「場所が悪いから」来客が無いと嘆いている店長さんが良くいらっしゃいますが、場所は関係ありません。日頃からの「所作」を見られているのです。

ショップの店構えで言うと、パンフレット・スタンドがショップ前にドーンと置いてあって、パンフレットをご自由にお取り下さい的なものが多いですが、全くのナンセンスですよね。お客様に「入ってくるな」と言わんばかりの店構えだと思われませんか。来店されたお客様が後ろを通られるお客様を意識しなくて良いように置いていると言い訳される所も多いですが、ナンセンスです。常にショップの全容が一目で見えるようにしないとお客様の安心感を得られませんよ。
ショップに行くと、パンフレット・スタンドの重さでカーペットにラインが入っている所もあります。一体、どの位の長期間、同じ場所にパンフスタンドを置いているんでしょうね。と言うことは、年中同じ店構えということですよね。信じられない光景だと思われませんか。
ショップは常に『変化』することが必要です。遠くから見て、店全体の「カラー」が変わるとお客様は「えっ」と思われますよね。そうしないと数年間も保険ショップを出店しているのに、未だにお客様に何の店か知られていないという最悪の事態に陥りますよ。

ショップは「生きもの」です!
常に変化し、常にポスターを変え、常にパンフスタンドのパンフも変え、常に意識してカラーを変えることが必要です。
パンフスタンドを前面に置いてあるショップは、騙されたと思って、今から撤去してみて下さい。是非、チャレンジを!!

関連キーワード:
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.