|

1年の計は元旦にあり! part.1|ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命

Check

1年の計は元旦にあり! part.1

イメージ画像です

商業施設に入っている来店型保険ショップには年末年始はありません。
紅白歌合戦の終りを少し見たと思ったら、元旦から通常通り業務が開始されます。
でも、元旦から保険相談や保険加入があるなど、お客様に求められる存在となりつつあります。

では、更にお客様に求められるためのショップ運営をするために、今年一年間のカレンダーを確認してみませんか? 来店型保険ショップはカレンダーによって成果が左右されますので、常に半年先のカレンダーを確認して、そこに向けて今から取り組むことが大切なのです。

では、1月からスタートしてみましょう。
1月は、何と日曜日が5回もあります。正月三が日とそれに続く三連休で如何に「集客」するかがポイントですね。明日からの三連休に何か「小」イベントを今からでも考えて実行することが肝要ですね。

続いて2月を見ると、土日が四回と普段通りのカレンダーですね。大学入試、高校・中学入試とお客様もピリピリモードがありますのでイベントを控えつつ、ポップ等を活用して「学資ニーズ」の喚起が必要ですね。

3月は20日(火曜日)に祝日があります。この17日から20日で保険成約の「クロージング」を図る必要がありますね。そのためには、3月最初の週末から「大」イベントの実施ですね。ここに一度でも来店されたことのあるお客様を誘客して成約に導くことが必要ですね。「大」イベントは急には出来ませんから1月から企画して2月中盤には案内できるようにしないと間に合いませんよね。学資ニーズも自然と沸き起こる月ですので、2月にイベント「告知」で新聞折込などもこの時期でしたらやるべきだと思います!

続いて4月。ゴールデンウィーク突入が月末からあります。3月でお金を使われているので、4月は一寸おとなしく、ターゲットを通常の20代、30代、40代の主婦から、フレッシュマンに変えてみましょう。 フレッシュマンが新人社員研修で保険会社から保険説明を受けているケースがあります。彼らは提案された保険内容について何処かで相談したいと考えているかも知れませんよね。保険ショップは複数の保険会社から選択できることをアピールして、こうした悩めるフレッシュマンを「誘客」していきましょう。 5月。最初の週がゴールデンウィークとなります。帰省される方も多いと思いますので、ファミリー層を狙った「小」イベントを「日々変えて(日替わり)」実施しましょう。 連休中に実家に帰省していて時間があると毎日商業施設に来られるファミリーが増えます。この場合、「同じイベント」をやっていたら来店が増えません。日替わりイベントにより、毎日でも来ていただく心構えでやることが必要ですね。

6月。土曜日が5回ありますね。
梅雨シーズンですし5月のゴールデンウィークでお金を使っているので遠方に出かける方は減少します。で、意外に近場の商業施設に行って凌ぐ?ファミリーが増える月です。 「夏休み前」の「告知」には持ってこいの月なのです。 従って、ここは「連続した大イベント」の実施が良いかと考えます。 毎週替わった「大」イベントを実施し、保険ショップここにあり!を印象付ける必要があります。ここでのイベントの連続実施がそのまま12月まで効いてきます。

皆さん、分かっていますか?
こうして1年のカレンダーを見ながら、やることを最初に決めるのです。

(続く)

関連キーワード:
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.