|

トークスクリプト|ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命

Check

トークスクリプト

保険ショップの肝は、どこの店舗に行っても、どのスタッフと会っても「トークが統一」されている点にあります。店舗によって、スタッフによって「話すことが異なる」と「保険ショップの位置づけ」から乖離しますよね。ここのところ、理解できますか。

 

従って、保険ショップでは「店舗マニュアル」であらゆることが決められていて、「トークスクリプト」も常に変化させながら「統一」してあります。店舗マニュアルに至っては厚さ10㎝を超すファイルになり、日々、ブラッシュアップさせ、追加しています。ショップには変化がつきものです。変化なくしてショップ運営は成り立ちません。

 

トークスクリプトを定着させるための唯一無二の方法は「ロープレ」になります。毎日、当たり前のように「ロープレ」をしています。保険会社社員が保険ショップに行く際には必ずスタッフのロープレの客役をするよう指示徹底している保険ショップも少なくありません。

日々の努力なしではトークの統一は出来ません。

 

先般、訪問販売系代理店に金融庁が「ヒヤリング」に入った際、募集人毎のヒヤリングでこのロープレをしたという驚きの話を聞きました。突然、担当官が「自分がお客様役になりますので、ロープレをやって下さい」と言われたのです。当該代理店は大型代理店なので内部監査の際にロープレをやっていたということで、募集人個々でトークが大きく異なることは無かったようですが、訪問販売系の代理店で募集人個々のトークスクリプトまで管理しているところは少ないと思います。

 

しかし、「顧客本位の体制を構築」することを考えれば、訪問販売系代理店でも「トークスクリプト」の統一は不可欠だと思います。特に「顧客の意向把握・確認」、「保険商品の比較推奨」では、統一した受付票を作成し、全ての募集人がお客様に同じ質問が出来、同じ内容の個人情報が収集できるようにすることは必要だと思います。

募集人を管理する上司が確認する際にも当該受付票を見ながら、問題なく顧客本位の営業ができているかをチェックできますね。

 

それにしても、金融庁が募集人に「ロープレ」をさせてみるという事実は衝撃的ですね。

訪問販売系代理店でトークスクリプトを作成していない代理店は早急に作成し、繰り返しロープレを行い、徹底して身に着けさせることが肝要です。某保険ショップでは「ロープレ検定」と称して募集人全てのトークを毎月チェックし、不合格だと給与が下がるという制度を導入しているところもあります。今後は訪問販売系代理店でも毎週、毎月、募集人のトーク内容を確認する必要があります。

 

因みに未だに喫茶店で保険募集している多くの募集人を見かけますが、どの喫茶店を使うかも体制として会社単位で決めた方が良いと思いますね。

こうしたことも「体制整備」の一環かと思います。

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.