|

アパレルでも広がるリアルとネットの融合に学ぶ|ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命

Check

アパレルでも広がるリアルとネットの融合に学ぶ

アパレル業界でも、リアル(実際の店舗)+ネット(通販)が広がっています。

衣料品売り上げ世界トップのブランド「ZARA」はオンラインに特化した店舗をオープンさせました。陳列された洋服は1種類1着のみ。スマホアプリかお店で借りる端末で購入するという全く新しいシステムです。試着室の予約もでき、待ち時間も表示されるので並ぶ必要もありません。来店した客は、基本はオンラインで購入しますが、「フィッティングルームに並ぶ必要性がなく、手ぶらで帰ることができるので、便利で快適なショッピングを楽しめる」と歓迎されているとのことです。
 

最大手「洋服の青山」では、試着や採寸に特化した店舗をオープン。
店内にある縦1m、横50cmほどの液晶画面で、ネット通販向けの1000万点余から選び、受け取りは配送。
店側のメリットは、在庫を抱える必要がなく、サイズ違いをそろえる必要もないため店舗面積が従来の4分の1で営業可能なことだそうです。
 

こうした展開が保険でも出来たら面白いですよね。

リアルな店舗で「保険の勉強」が出来るというのは如何でしょうか。パンフレットが置いてあってポップで保険の簡単なキャッチコピーが掲示されていますが、これだけではわかりませんよね。大型パネルが設置されていてタッチ方式で保険の勉強が出来るとか、セミナー形式で人が集まらなくてもやり続けることが求められていると思います。

 

ネットでも保険の勉強ができればと考えています。

何を使うか?やはり「ゲーム」でしょうか。誰か保険に関するゲーム、作ってくれませんかね。「バーチャルリアリティー」を活用して保険相談リアル体験とかも出来たら面白いですよね。アニメーションを使った保険説明なんかもあれば若年者の保険リテラシーをあげられるかもしれません。こうした努力を保険代理店、保険募集人自らが取り組んでいかなければならないと考えています。

 

保険は売っている保険募集人と、保険を買うお客様との保険に関する「知識の差」が問題化されています。これを業界では「保険リテラシーの非対称性」と呼んでいます。非対称でなく、対称にするために、如何にして保険リテラシーをあげていくのか? リアルでもネットでも保険に関するリテラシーをあげられれば、そのまま保険加入に繋がると思います。

 

そのためには保険代理店も代理店事務所を誰でも気軽に来ていただける「場」にしていく必要があります。リアルな場でコミュニケーションをお客様は求めています。求めているのに、この場がなければ、話になりません。

事務所が無理であれば、お客様と接する場として「調剤薬局に出店するみんなの健康ラウンジ」は如何でしょうか。詳しくは、株式会社インステック総合研究所のホームページから照会下さい。➡ http://instech-r.co.jp/

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.