|

調剤薬局ドラックストアに保険ショップ出店の問い合わせが多くなっています|ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命

Check

調剤薬局ドラックストアに保険ショップ出店の問い合わせが多くなっています

週刊ダイヤモンド誌に東証一部上場会社「ファーマライズホールディングス社」が保険代理店と提携して保険取組を始めていると紹介されました。

 

ファーマライズホールディングス社は調剤薬局ドラックストアを北海道から沖縄まで317店舗を展開していて、社員数1800名を超す大企業です。調剤薬局も厚生労働省から処方箋を持って来た方に単純に薬を出す「調剤工場」ではなく、処方箋なしでも気楽に立ち寄れて健康に関する指導等も出来る「かかりつけ薬局」になるよう指導されています。とは言え、一日100名以上も調剤薬局に来られれば薬剤師は間違った薬を出す訳には行きませんので、ここに集中せざるを得ません。来店された方とコミュニケーションを取れと言われても、元々「専門職」である薬剤師に「営業的役割」を負わせること自体に無理があると思います。

 

一方、保険ショップも大手ショッピングモールを中心に保険ショップを出店して来ましたが、商業施設自体に「集客力が無くなり」、高い家賃の割にコストパフォーマンスが合わなくなってきました。

 

ここで、新しい出店場所として「調剤薬局」に保険ショップを出店するというスキームができました。調剤薬局では自社で保険代理店をされているところもありますが、人を抱えるリスクと本業が調剤薬局で保険業法対応がどこまで出来るかという疑問もあるため、ファーマライズホールディングス社は地元保険代理店との提携で進めています。

 

保険代理店はファーマライズホールディングス社に家賃を支払い、保険の提案をしているのです。保険はストレート過ぎるので、「みんなの健康ラウンジ」という「統一屋号」のもと、「身体」と「心」と「財布」の3つ健康を守るという入口でお客様と接しています。

調剤薬局はシニアばかりで保険なんて無理という方がいらっしゃいますが、一番客数が多くて一番お金を持っているのはシニアです。シニアは何処にいるか。答えは病院と調剤薬局です。ここで、シニアと接し、信頼を勝ち取ることで、保険以外の資産形成の話や相続対策、色々なお話を聴くことが出来るのです。

 

小児科が近くにある調剤薬局にはママが多く来店されます。しかも、調剤薬局は駅隣接であったり、住宅地にあったりと徒歩圏内でお越しの方が中心です。であれば、お客様のご自宅に行ってお話をすることも出来る訳です。

お客様に「寄り添う」ことを求められている保険代理店にとって、調剤薬局は絶好の場所なのです。

 

因みに薬剤師は全国に30万人いらっしゃいます。ドクターマーケットだけに注力されている方が多いですが、薬剤師もしっかりお金をお持ちですし、お嬢さんを薬剤師にする実家はお金持ちです。こうした余波的な契約も見込まれています。

 

ファーマライズホールディングス社に出店されたい方は、株式会社インステック総合研究所がすべてを仕切っておりますので、当該社まで問い合わせください。

➡ instech-r.co.jp/

全国各地からのオファー、お待ちしています!

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.