|

来年のトレンド予測|とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険

Check

来年のトレンド予測

来年はどのようなことが流行するのか、暮らしに関わる8つの分野についてキーワードで占う「2018年のトレンド予測」が発表されました。これは、情報サービス大手の「リクルートホールディングス」が毎年行っているもので、来年を占う8つのキーワードが今月発表されました。
 

キーワードは次の8つです。
①ピット飲食

飲食の分野でのキーワードは「ピット飲食」です。企業の働き方改革の進展で、多くの人が早めに退社して習い事や地域の活動に向かう前、午後5時から7時台に軽い飲食で気持ちを切り替えるようになるというもので、自動車レースのとき、短時間で給油などを行う「ピットイン」にちなんで名付けられました。

②年功助力 

アルバイト・パートの分野は、「年功助力」です。人手不足が深刻化する一方で、働く意欲のあるシニアが増えていることから、企業がシニアの働く環境を整えて戦力とすることが増えると予測しています。日本企業の特色とされてきた「年功序列」にちなんでいます。

 

③お見せ合い婚 

婚活の分野では、「お見せ合い婚」です。婚活サービスの市場が広がる中、SNSなどを通じて趣味や価値観をお互いに見せ合うことで、結婚につなげる人が増えるという予測です。

 

④まなミドル 

社会人学習の分野は、「まなミドル」です。40代から50代のミドル世代が今後も活躍を続けるため成長のきっかけを得ようと、大学院や資格スクールなどで学ぶ動きが広がるとしています。

 

⑤来るスマ美容師 

美容の分野は、「来るスマ美容師」です。若いころからおしゃれを楽しんできた世代が出歩くことが難しくなる高齢者となり、自宅や施設に来て笑顔=スマイルでサービスしてくれる美容師が人気となるという予測です。「カリスマ美容師」にちなんで名付けられました。

 

⑥育住近接

住まいの分野では、「育住近接」がキーワードです。共働きの増加により、職場と住まいが近い職住近接だけでなく、保育所なども近くにある「育住近接」も住まい選びの大きな要素となり、マンションや団地などに子どもを預けることができる施設を作る動きが強まるとしています。


このほか、ゆとり世代が多くを占める部下からの信頼を得るため、上司が趣味や地域の活動など私生活を充実させるという「ボス充」、定年退職した世代が人材派遣の分野で即戦力として活躍するという「熟戦力」など、シニアの活用や働き方改革に伴う変化を象徴するキーワードが目立ちます。

トレンドのポイントは、人生100年時代になりシニア層が豊かな生活を送るようになることと、人々の役割や価値観が多面的になることでサービスが変化するという2つの点とされています。

 

こうしたトレンドの背景に新しいリスクが潜んでいて、新しい保険が必要となると考えます。トレンドをしっかり掴んで、保険のビジネスチャンスを逃さないようにアンテナを張って行きましょうね。

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.