|

自動運転、2020年には実用化のニュース|とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険

Check

自動運転、2020年には実用化のニュース

政府は自動運転の技術を使ったタクシーなどの乗客を運ぶサービスについて、万が一、事故が起きた場合には事業者がすべての責任を負うことなどを条件に、2020年までに実用化を認めました。

 

ビックリの世界がいよいよ実現しますね。

タクシーを止めたら無人でコンピューターの向かって行き先を告げると運転手無しで目的地まで着くという凄いことが実現するのです。

世界中で開発競争が進む自動運転を巡っては、大手自動車メーカーだけでなく、IT企業なども無人のタクシーやバスなどの実用化を目指していますが、こうした自動運転技術を使った乗客を運ぶサービスについて、政府は一定の条件を満たせば、東京オリンピック・パラリンピックが開かれる2020年までに実用化を認めることになりました。


具体的には万が一、事故が起きた場合は事業者側がすべての責任を負うことに加え、運転席に人が乗らない代わりに遠隔で車両を監視して、問題が起きたときには走行を止めることができるシステムなどを導入して、安全を確保することを求めるとしています。
政府は今後、道路交通法を改正するなど必要な対策の検討を急ぐとともに、国家戦略特区に指定された地域の公道などで、サービスの導入を目指す事業者による実証実験を進めることにしています。

 

これに伴い、日本損害保険協会は自動運転者が事故を起こした場合の法的責任に関する報告書をまとめました。現在、自動車の損害賠償では自動車損害賠償保障法や民法が適用されていますが、完全自律型の自動運転が実現した場合、運転手の概念が無くなるため、自動車に関連する法令を見直した上で賠償責任の在り方を検討する必要がある」として報告書を作成したものです。

 

これによると、自動運転車を4段階に区分しています。

・レベル1・・・加速・操舵・制動のいずれかの操作をシステムが行う。

・レベル2・・・加速・操舵・制動のうち複数の操作を一度にシステムが行う。

・レベル3・・・加速・操舵・制動を全てシステムが行い、システムが要請したときのみド

ライバーが対応する。

・レベル4・・・加速・操舵・制動を全てシステムが行い、ドライバーが全く関与しない。

 

報告書によるとレベル3までの自動運転は対人・対物事故ともに現行法で対応可能とし、レベル4の場合は従来の自動車とは別物と捉えた上で「自動車に関する法令を抜本的に見直し、議論する必要がある」としています。

 

自動運転でドライバーに起因する事故の減少が予想されますが、一方でシステムの欠陥、サイバー攻撃による事故が増える可能性があるため、事故分析の体制・仕組みづくりが必要とも報告書では指摘しています。

 

まさにその通りですね。

しかし、現在、損害保険会社を支えている自動車保険が無くなる日も遠くはありません。

損害保険会社がこの先存続するためには、より積極的に海外に拠点を移すしかないでしょうね。

モータリゼーションで拡大した損害保険業界が自動運転という技術の進化により消え去るというのも面白いですね。

 

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.