|

自転車保険義務化がNHKニュースで放映されていました。|とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険

Check

自転車保険義務化がNHKニュースで放映されていました。

5月19日のNHKおはよう日本で自転車保険義務化のニュースが放送されていました。

こんな内容です。

 

『兵庫県は去年、全国で初となる自転車保険の加入義務化に踏み切った。その背景には自転車事故で高額賠償金が請求されるケースが相次いでいるからである。8年前、神戸市で自転車に乗った男子児童が歩行者の女性をはね意識不明になった事故で、神戸地方裁判所は児童の母親に対し9500万円の賠償を命じた。兵庫県企画県民部交通安全室長は、「運転する側が事故を起こした場合の経済的負担、深刻さを身にしみていただき日頃の運転に備えていただきたい」と話した。

加入者を増やすために、県は子どもたちへの啓発活動を行っている。

加古川市の中学校では兵庫県警が交通安全講習を行い、自転車通学を始めた新入生に対し自転車保険の大切さを説明した。

一方、兵庫・三田のJR三田駅にある駐輪場運営の会社は、駐輪場の利用と自転車保健をひとつにした契約プランを初めて設けた。県は今年度の保険への加入率を改めて調査し分析した上で、行政や地域、企業など県全体で対策を進めていきたいと考えている。』

 

条例で決めても罰則規定があるわけではないので、中々浸透しませんね。加入の仕方が分からないという方もニュースで登場されていました。

如何に自転車保険を身近に感じられるかがカギだと思います。

 

7月1日からは大阪府が条例で自転車保険義務化となります。が、義務化しようとしている自転車保険については各自で調べて加入するようにというコメントがあるだけ。これでは何のための義務化か分かりませんね。ニュースの様に駐輪場が駐輪料金とセットで自転車保険を販売すれば加入者も分かり易いですし、いざ何かあった場合には何時も使っている駐輪場に言えば良いので利便性は高いですよね。あとは自転車購入時に自転車店で自動車の自賠責保険のように「強制加入」させるしか手はないと思います。各自治体任せでなく国が立法化するしか手はないでしょうね。

 

一方で保険会社は大丈夫なのでしょうか。年間保険料2000円で万が一何かあった時には数千万円の支払いとなります。単純に1000万円支払うとすると保険加入者5000人分の保険料が飛ぶことになります。

 

従って、入口で「きちんとした交通安全教育」が大切かと考えますね。

公益財団法人日本サイクリング協会では入会をしてきちんと交通安全を理解した方専用の団体保険を準備してあります。自転車保険の保険料は3000円と別途、協会入会金が必要となりますが、入口を大切にきちんと自転車に乗ろうという方はサイクリング協会の自転車保険に加入されることをお勧めしています。

 

各自治体で次から次に加入が義務化される自転車保険、一方、正直取りたくない保険会社、どうやって入るのか分からないという一般消費者。

これを結び付ける何かの登場が必要だと考えます。

 

この何かを現在、一般社団法人保険健全化推進機構結心会が構築中です。

ビックリの取り組み方法を乞うご期待!!!

 

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.