|

新年度を迎えて保険会社各社の社長コメントが発表されています。|とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険

Check

新年度を迎えて保険会社各社の社長コメントが発表されています。

新年度を迎えて各保険会社の社長が「今年度を語る」といった記事も多く出ていて興味深いですね。そんな記事の中から幾つか紹介したいと思います。

 

まずは東京海上ホールディングス。2015年12月に年に一度開催されるCEO会議のことが掲載されていました。同社の世界戦略の方向性を決める重要会議ですが、何と円卓を囲む約30人のうち半分以上が外国籍の経営幹部で当たり前のように英語が飛び交っていたとのこと。昨年は米テキサス州ヒューストンの米保険会社HCCインシュアランス・ホールディングスを9200億円で買収、約10年間で総額1.5兆円以上のM&Aを手がけました。

 

日本の損害保険業界全体の正味収入保険料は2014年度で約8兆800億円。このうち5割程度を占めるのが主力の自動車保険ですが、人口減少による自動車販売台数の頭打ちや若者の車離れによる影響は不可避。自動車保険に次ぐ収益源となっている火災保険も将来的に住宅件数の減少が予想されるなど厳しいなど国内で従来型の損保営業の殻に閉じこもっていては、じり貧は見えています。活路は当然「海外」となる訳です。10年間にわたる大型M&Aの結果、2015年3月期の純利益2474億円の約半分を海外が占め、ライバルであるMS&ADインシュアランスグループホールディングスの同期純利益1362億円、損保ジャパン日本興亜ホールディングスの同期純利益542億円と大差をつけた主因となりました。

世界の保険業界ではM&Aは日常茶飯事。東京海上は常に数十社の海外保険会社を買収候補としてリストアップし毎月の様に検討を繰り返しているとのこと。

 

一方、国内に目を向ければ「生損保一体」経営でしょうか。4月から東京海上日動社の社長は、前職があんしん生命の社長で、損保と生保の商品やサービスを垣根なく提供する独自のビジネスモデル強化に乗り出します。昔、昔、石炭から石油に代わったように損保から生保主体に代わるのでしょうか。

 

損保ジャパン日本興亜は従来の保険業中心のビジネスから安全・安心・健康のサービス産業へとビジネス領域を変えることに取り始めています。介護事業を始め、住宅のリフォームなどグループ会社を通じて総合的なサービスを展開していくと社長が明言されていました。

 

あいおいニッセイ同和損保は昨年最先端のテレマティクス技術を持った英BIG社を買収し、事故を削減し、更に実走距離や運動挙動に連動したテレマティクス自動車保険への展開を模索しようとしています。また地域活性化のコーディネーターとして役割を果たそうとしています。

 

各保険会社色々な取組を模索していますね。

この舵の取り方一つで、大手保険会社でも消滅する可能性があるのが今の保険業界です。

舵取りを間違えなく進んで行って欲しいものですね。

こうした激動の時代は「動く」ことが必要です。「動かず静観している企業」に将来はありません。

保険代理店の皆様も今年は「動く」覚悟を決めて一年間取り組んで行きましょう!

 

 

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.