|

リスク細分型自動車保険を考える|とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険

Check

リスク細分型自動車保険を考える

損害保険会社各社が車種によって自動車保険の保険料が変わる仕組みを「軽自動車」にも適用する方向で検討していることが発表されました。

軽自動車は現在、車種に関係なく一本の保険料体系ですが、これを普通乗用車と同様に「車種ごとの事故率を保険料に反映」させ、保険料は最大で2倍程度の差をつけるとのこと。

 

自動車は車種によって事故や盗難に遭う確率が異なり、事故後の修理費にも差が出易いもので、当然、外車は盗難のリスクが高く、また修理代も高いですから保険料は高く構成されています。

普通乗用車には既に2001年から導入済みでしたが、漸く軽自動車にも導入となった訳ですね。軽自動車は、足代わりにシニアの方とかも多く利用していますので、事故率も反映した保険料にしないと保険会社もモタナイと思います。

 

因みに、自動車保険におけるこうした保険料の差は、車種だけでなく、使用方法等々でも異なることはご承知のことだと思います。

これが所謂「リスク細分型自動車保険」になります。

テレビでは通販型自動車保険のコマーシャルで、「走行距離に応じて保険料が異なる」といったキャッチフレーズでリスク細分型保険料はお得だとアピールしていますが、使用する人ごとの特性に応じて保険料を変えるのは理解しやすいですよね。

 

では、こんなことも加味してくれたら面白いと思いませんか。

例えば、

  • クラッシック音楽がお好きな方とロックが好きな人では保険料が異なる。
  • スポーツをしているか、していないかで保険料が異なる。
  • スポーツもサッカーと野球とテニスでは保険料が異なる。
  • 職業によって保険料が異なる。
  • 県単位で保険料が異なる。

こんなことも「リスク細分化」の一つとして見てくれて、保険料に差異が生ずるとか如何ですか。これこそが本当の「リスク細分化」です。

 

携帯電話の通話料や電力まで自由化になり選択の幅は広がっています。保険も選択の幅をもっと持たせるべきだと思います。そのために、こうしたリスクを反映する保険料を保険会社各社はドンドン世に出すべきだと考えます。出せば顧客が「リスクとは何か」を考える切っ掛けにもなり、保険を身近に感じる良い機会を提供できると考えます。

保険は時代によって変化すべき商品です。

生き方、考え方が多様化した現代にも関わらず、保険だけは過去の商品を頑なに販売しています。

変化なしでは生き残れないのが市場の掟であるならば、保険業界も一歩前に出る対策を講じて欲しいものです。

 

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.