|

道路交通本改正で自転車に対する取り締まり強化!|とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険

Check

道路交通本改正で自転車に対する取り締まり強化!

6月1日から道路交通法が改正になることをご存じでしょうか? 

しかも、今回の改正の最大のポイントは、「自転車の取り締まり強化」です。スマートフォンを見ながら自転車運転していてぶつかりそうになった方も多いと思いますが、これで激減することを期待しますね。

 

自転車での「事故」はこんな大きな犯罪を引き起こしています。

★ 自転車(大学生)の死亡ひき逃げ事故で逮捕

 男性(77)が自宅マンション前の歩道に立てた脚立に乗って作業をしていたところ、大学生が運転する自転車が脚立に衝突し、脚立が倒され作業中の男性が転落死した交通事故。 事故後、自転車はそのまま逃走したためひき逃げ事件として捜査の上「重過失致死罪及び道交法違反(ひき逃げ)」の疑いで逮捕され送検された。

★ 死亡事故を誘発した自転車に「重過失致死罪」を適用し有罪判決

 国道交差点で、赤信号を横断していた男性(96)が乗る自転車を避けようとしたトラックが道路脇の建物に衝突しトラック運転者が死亡した交通事故。 この交通事故で、赤信号を無視して自転車を運転していた男性は「重過失致死罪」で取り調べを受け書類送致された。 裁判官は、「信号に従って通行するのは自転車運転者の義務」とした上で、「赤信号を見落として自転車で横断し事故を引き起こしたのは重大な過失」と自転車の過失を認定し、禁固1年4ヶ月執行猶予3年の実刑判決を言い渡した。

 

損害額としても大きな判例が多く出ています。

★ 損害賠償額 6,779万円 東京地方裁判所、平成15年9月30日

 男性が夕方、ペットボトルを片手に減速せず下り坂を走行後、交差点に進入し、横断歩道を横断中の女性(38歳)と衝突。 女性は脳挫傷等で3日後に死亡した。

★ 損害賠償額 5,438万円 東京地方裁判所、平成19年4月11日

 男性が昼間、信号表示を無視して高速度で交差点に進入し、青信号で横断歩道を横断中の女性(55歳)と衝突。 女性は頭蓋内損傷等で11日後に死亡した。

★ 損害賠償額 5,000万円 横浜地方裁判所、平成17年11月25日

 女子高校生が夜間、携帯電話を操作しながら無灯火で走行中、前方を歩行中の看護師(57歳)と衝突。 看護師には重大な障害(手足がしびれて歩行が困難)が残った。

 

これを受けて、6月1日以降、自転車にも、いわゆる“青切符”的な制度が導入されるのです。反則金レベルで済みますから、警察としてもどんどん摘発することになるはずです。

取り締まりの対象は14項目ですが、全て自転車だと普通に行われていることだと思います。

1.信号無視

2.通行禁止違反

3.歩行者専用道での徐行違反など

4.通行区分違反

5.路側帯の歩行者妨害

6.遮断機が下りた踏切への立ち入り

7.交差点での優先道路通行車の妨害など

8.交差点での右折車優先妨害など

9.環状交差点での安全進行義務違反など

10.一時停止違反

11.歩道での歩行者妨害

12.ブレーキのない自転車運転

13.酒酔い運転

14.携帯電話を使用しながら運転し事故を起こしたケースなどの安全運転義務違反

 

違反が摘発されたとしても、1回目の違反で即反則金納付ということにはなりません。3年間のうち2回目の摘発をされた場合に、警察が実施する「安全講習」を受講しなくてはならなくなります(ここで手数料の5700円が徴収されます。これが反則金と同じ位置付けになります)。費用はもちろん、講習は1回3時間で最後にテストまであるというのですから、負担はかなり大きくなります。 この安全講習を受講しないと、事件扱いとなり、裁判所への呼び出しの上5万円以下の罰金が科されます。今でも自動車の青切符を払わずに無視していると、手錠をかけられて逮捕・連行されることもあります。さすがに子供たちに手錠をかけるようなことはしないと思いますが……。

 

自動車による歩行者事故よりも自転車による事故の方が多くなる傾向の中、こうした思い切った対応が取られますが、マナー違反が目に余る以上仕方ないですよね。

 

これを契機にますます自転車保険の加入率は高まるでしょうが、保険会社が引受で悲鳴をあげる日も近い感じですね。

 

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.