|

高齢者対策されていますか?|とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険

Check

高齢者対策されていますか?

保険募集に関して「高齢者対策」を具体的に決められていますか。

少なくとも、あなたの代理店では高齢者に如何にして対応するかの「内部規程」を作成する必要がありますよ。

 

保険募集に関しての高齢者対策って何故必要か分かりますよね。

高齢者は、耳が悪い、目が悪い、理解力が落ちている等々と失礼ですが「健常者」とは異なるからです。斯く言うDr.ウエノも老眼なので、実際パンフレットや保険提案書とかが見にくく、衰えて来てるな―と歳を追うごとに実感しています。加齢は人間として仕方ないことですからね。

 

従って、高齢者には通常の場合と異なる保険募集態勢を構築することが求められています。

金融庁の監督指針では、

  • 理解力が衰えているので、何度も会って、理解を深めて貰う《何回話すか回数を決める》
  • 一対一ではなく、高齢者の親族立ち会いのもとで保険募集を行う
  • 逆に、高齢者に対しては保険募集人サイドが複数の募集人が一緒に対応して、一方通行になっていないかを判断しつつ保険募集を行う

といった対応をするように書かれてます。

 

上記三つの選択肢の中で、確実な所では「親族立ち会い」が良いでしょうね。

高齢者の子どもが立ち会って契約するのが一番のトラブル防止にはなると思いますが、子ども達と同居している高齢者が少なく、実態として出来るかと言われると難しいとは思います。

であれば、複数の募集人が同時に立ち会い、何度も会って親切丁寧に説明をして保険加入を促すという流れを取るしかないと思います。

 

これを皆さんの「代理店としての内部規程」を作って、募集人全員に徹底周知させ、実際に行うことが必要となります。

支店や保険ショップが複数ある場合には、「ここの支店では徹底出来ていたが別の支店では理解できていなかった」では済まされません。代理店に所属する全ての支店や保険ショップが「同じ規程に基づき同じ行動を取れない」と、そもそも保険代理店に求められている「態勢整備」が出来ていないことになります。

 

こうした内部規程は、お客様苦情処理の内部規程、個人情報取扱の内部規程等々と作るべきものは相当数あります。

これらを来年3月までには作らないと、再来年4月に施行されるとされている改正保険業法に対応できません。

 

多くの保険代理店さんは、こうした動きを全くされていませんが、金融庁が求めているのは、こうした内部規程を作って全募集人が規程を守って行動し、不具合が生じたら内部規程の見直しを含めた態勢の修正を行い、改めて行動し直すことです。いわゆる「PDCA」サイクルを回せるかがポイントです。

PDCAサイクルを回せて常に新しい態勢が導入出来るようにすることが肝要なのです。

その基軸となる内部規程を作らずして、スタート出来ません!!

 

まずは、今、現状でやっていることを文章に落としてみることからスタートしてみて下さい。分からなければ、コーチを探して相談することです。

手遅れにならないことを祈っていますよ!

 

 

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.