|

平均寿命と健康寿命|とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険

Check

平均寿命と健康寿命

平均寿命という言葉はご存知の方が多いと思います。

平均寿命とは0歳の子供が何年生きられるかを示す数値。いわゆる平均余命です。

日本人は2013年において男性80.21歳、女性で86.61歳が平均寿命と統計値が出ています。

 

で、健康寿命という言葉をご存知でしょうか。

これは、「日常的に介護を必要としないで自立した生活が出来る生存期間のこと」を言います。

2014年WHO保健レポートによると、日本人の健康年齢は男性で72.3歳、女性で77.7歳との統計値が出ています。

 

皆さん、お分かりになりますか?

この「平均寿命」と「健康寿命」との差は、『介護を要しないと生活できないが生き続けてしまう期間』になる訳です。

上記数値を当てはめると、男性は80.21歳 - 72.3歳 = 7.91年、女性は86.61歳 - 77.7歳 = 8.91年は、介護がないと生活出来ない期間となる訳です。

 

男性で8年、女性で9年は要するに「不健康な期間」なのです。

疾病予防や健康増進、介護予防等によって、この差を短縮することが出来れば個人の生活の質の低下を防ぐとともに社会保障負担の軽減にも繋がりますよね。

実際、アクティブシニアが増える中、この健康寿命は伸びています。

とは言え、最期はどうしても介護状態に陥り数年間は家族の世話にならなければなりません。俺は脳卒中でアッと言う間に死ぬから大丈夫と言っていた人ほど不健康な期間は永くなっているように感じます。

 

それは「備えていない」からです。

万が一、介護がなければ生活が出来なくなり、下の世話までして貰わないといけなくなった時、あなたはどうしたいですか?

子供のお嫁さんに面倒みて貰いたいですか?実の娘に世話をして欲しいですか?その為の準備に預金してあるので、そのお金で介護施設に入所させて欲しいですか?

でも、突然倒れて要介護状態になった場合、あなたのその思いは子に伝えられませんよ。

 

そのためにも、「エンディングノート」が必要です。

介護状態になったら次女に頼みたくて、そのために次女に銀行預金の管理を任せたいなら、どこの銀行口座がそれに該当するかを含めてエンディングノートに記載して残すのです。

そして、大切なのは毎年「修正」するのです。

大好きだった次女とトラブルが生じて次女になんか面倒みて貰いたくなくなるかもしれません。

 

エンディングノートを自分で書くことはなかなか難しいと思います。

そこで登場するのが保険代理店、保険募集人です。エンディングノートを一緒に書くための資格を取得して、毎年必ずお客様とお会いしてエンディングノートの内容を確認・修正していければ、お客様との絶大な信頼関係が構築されますよね。

 

シニアに対して保険代理店、募集人がしなければならない仕事は、これだと思いますね。

 

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.