|

今はお客様との接点を持つ時代!原点回帰の非効率化こそが勝ち残り政略|とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険

Check

今はお客様との接点を持つ時代!原点回帰の非効率化こそが勝ち残り政略

自らモノを運ぶサービスを手掛けることで、新たな需要を開拓しているのが「セブンイレブン・ジャパン」だと言うことをご存知ですか?

 

日替わり弁当や食料品を店舗の店員が配達する「セブンミール」では、全国に1万7千店あるセブンイレブンの店舗網を生かし、現代版「ご用聞き」として地域に根付き始めています。セブンミールでは1カ月ごとに変わるカタログから、日替わり弁当や食料品を注文することができ、配達日の前日までに欲しいモノをネットや電話、ファクスで申し込めば、注文者の近隣のセブンイレブンの店員が自宅まで届けるというシステムを導入しているのです。

 

「今から宅配に伺います。何か持ってきてほしい商品があれば伺いますよ」「きょうは牛乳と納豆もお願い」――。こんなやりとりが全国のセブンイレブン約1万3200店で、毎日のように行われているというから驚きですね。セブンミールの会員数は59万人にまで拡大しており、高齢化が進むなかで、セブン&アイ・ホールディングス鈴木会長は「今こそ、ご用聞きの時代だ」とおっしゃっています。流石の一言!

 

今では、コンビニは野菜や肉などの生鮮品の取り扱いも強化しており、必要なモノはなんでもそろいます。セブンミールの売れ筋データはこうしたコンビニの商品の品ぞろえ拡大にも生かされています。たとえば、セブンミールを始めてお米が思った以上に売れていることが分かったということで、セブンイレブンの店頭でお米の取り扱いを強化したところ、売り上げ増にもつながったという訳です。

 

江戸時代から昭和にかけて地域の酒屋などが担った「ご用聞き」でしたが、利便性を追求したコンビニやスーパーに客が流れ、同時に多くの酒屋などがコンビニのフランチャイズ店として生き残りをかけ今日のコンビニ文化を創って来ました。これが、高齢化社会が進むことで、皮肉なことにかつてのご用聞きとしての役割が逆に重要性を増し、結果、身近で便利な存在となったコンビニがかつてのご用聞きの役割を担うことになったのは歴史の必然なのかもしれないですね。

 

先般、大量の個人情報が流出したベネッセホールディングスはダイレクトメールの営業手法を見直し、新たに、顧客と直接対面できる店舗を「エリアベネッセ」をオープンすると発表しました。ベネッセの教材の無料体験や、会員向けの学習相談を行う対面型の店舗で、来年4月までに全国500ヵ所に広げる計画です。

IT、WEBと空中戦がもてはやされたモノの情報収集・購買が再度地上戦になろうとしています。

 

ご用聞きは日本のモノの販売の原点、文化だと思います。

 

元々保険代理店も地元の酒屋さんとか醤油屋さんとか味噌屋さんとかがされていました。

これが保険会社主導によって保険専門に取り扱う専業代理店に集約され、法人化、事業化展開を強要され、逆にお客様のグリップ力が薄れて来ました。

保険代理店も原点回帰と良く言われますが、昔のようにご用聞きのように各家庭を回って「何かお困りごとはありませんか?」と保険のニーズを聴き集める営業スタイルを復活させる時ではないでしょうか。

むしろ歓迎だとおっしゃる保険代理店も多いと思います。保険会社に否定された営業スタイルをもう一度復活させ、ご用聞きスタイルの強さを示しましょう!!

 

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.