|

金融庁保険審議会ワーキング・グループ報告書案について3|とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険

Check

金融庁保険審議会ワーキング・グループ報告書案について3

先週末に横浜で中小規模の損害保険代理店を母体とした「一般社団法人RINGの会」が開催され、全国から損害保険代理店が中心に800人、保険会社社員等を含めた全体で何と1350人が参加しました。

毎年一回、こうした大規模なセミナーを開催している当会ですが、今年は15年周年ということで通常よりも多くの方々が参加されていました。

 

当会の最初のテーマは、やはり「金融庁保険審議会ワーキング・グループ報告書案」についてで、元金融庁保険課にいらっしゃった方、弁護士の方、損害保険代理店の全国組織の会長様、外販系委託型使用人主体の代理店で構成される代理店組織の会長様が90分にわたってパネルディスカッションを展開されました。

 

損害保険代理店が多く参加する中で、司会の方が、「損害保険で複数の保険会社を『乗合』されている代理店さんは挙手お願いします。」と声掛けされ、更に、「○○保険会社で満期の自動車保険の更改の際に『他の乗合保険会社の見積もり』を提示されていますか」と質問されました。

 

損害保険代理店のあなたはどうされていますか?

この質問に対して3分の1位の保険代理店さんが他の保険会社の見積もりを提示していると挙手されました。

正直、驚きました。

○○保険会社の自動車保険の更改なので、去年と同じでイイですかといった感じで手続きされているものと勝手に考えていたので驚きでした。

 

でも、今後は、保険代理店は「扱える保険会社全ての商品」を説明しなければなりません。

お客様の選択肢をきちんと説明して、お客様の「ご意向をしっかり把握」して、その上で「お客様のご意向がこうだったので、この保険会社の商品をお薦めしました」という根拠をお客様に提示し、証拠を残さないといけないこととなります。

まあ当たり前のことですが、今後は、これらの行為は「代理店の義務」とされます。

 

従来は保険会社が主体でしたが、今後は代理店が主体とされ、そのため「代理店自らが自社のコンプライアンスマニュアル、内部監査マニュアル、契約引受規定、事務処理規定」等を「定める」必要が生じてきます。

ここをいい加減にすると今後は代理店に直接、金融庁から「業務停止命令」が発せられます。この段階で保険会社は当該代理店の「委託契約を解除」するでしょうね。

 

なかなか代理店に負わせられる「義務」は大きいものです。

一代理店の許容範囲を超えていると思えば、この機会に「大型代理店の傘下になる」、また思い切って「代理店事業を譲渡して売ってしまう」というのも選択肢の上位になると思います。

 

まずは、「最新情報」を正確に、迅速に掴むことが必要です。

そして、「横に倣え」で一緒に動くことが必要です。

保険代理店さんに情報を伝える「セミナー」も積極的に参加し、一緒に参加した代理店と交流をするなどの一歩を出して行きましょう。

本当に代理店が動くのは「今」です!

保険代理店の皆様、気合入れて行きましょうねー。

 

access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.