|

白内障の手術から学ぶ|とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険

Check

白内障の手術から学ぶ

 

 

先般、Dr.ウエノは運転免許証の更新に行き、久しぶりに視力検査をしてもらった所、何と右目が殆ど見えていないことが判明し、何とか更新手続きは出来たものの慌ててメガネの度数を修正して貰おうと行きつけのメガネ屋さんに行って来ました。

そうしたら、何と右目の近視度がこれまでの二倍以上に悪化していることが分かり、メガネ屋さんからは病院に行くよう指導されました。

で、その足で真面目に眼科医に行ったら、即断で「白内障で直ぐ手術」と言われて正直驚きました。しかも「加齢性白内障」ということで、、、(泣)。

一寸早いんじゃんないの??と思いつつも、手術と入院の予約をして来ました。

 

白内障は加齢に寄って水晶体が白濁するものらしいですが、Dr.ウエノの場合は水晶体のど真ん中が白濁していて手術しかないとのこと。

手術は僅か8分程度で終わり、眼球を切って白濁した水晶体を破壊して回収、代わりに人造の水晶体を入れるというものと教えていただきました。

久しぶりに入院の手続きもして、病室は「個室」を希望して申込をしました。何と一番高い個室は1日14万円で、秘書室まである140㎡の広さでした。ランクは四つもありましたが一番安い個室の申込をしておきました。それでも差額ベット代は1日2万4千円!

うーーん、色々とリアルに勉強になりますねー!

 

これはイカンと早速自身が加入している生命保険証券を取りだし、白内障の手術で手術給付金が支払いになるのか、一泊二日の入院で入院給付金が出るのか、また幾ら出るのかを調べてみました。保険会社も親切に幾ら支払えるか等も教えてくれて、納得!

 

と同時に入院時に病院から健康保険組合に「高額療養費」の認定申請をするように言われたので、早速手続きしてみました。

高額療養費と言うのはご存知のように1ヶ月間に要した治療費が高額になっても「自己負担限度額」は一般所得者の場合で「80,100円+(総治療費-267,000円)×1%」になるというもの。

今回は手術費等で40万円程度はかかるようですが、「実質自己負担額」は差額ベット代を含めて10万円程度ということになります。

申請書を作って健康組合に提出すると1週間もしない内に「健康保険限度額適用認定証」が送られてきました。

うーーん、なるほどねーー!こういう手続きで進むのかーと実体験をしつつ感心してしまいました。

やはり、リアル体験しないとダメですね。

白内障の手術を受けるというだけで、色々な情報を収集し勉強することが出来ました。

こうした体験を生かして保険募集するとリアル感が多いに増して、話にも迫力が出るんでしょうね。

 

白内障は手術が終わっても半年間は通院が必要とのことですので、暫くは学ぶ機会が続くということ!白内障って簡単な病気と思っていましたが、侮れませんね。

 

色々な事を糧として学ぶという姿勢を改めて痛感したDr.ウエノでした。

 

 

 

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.