|

介護コーディネーター資格|とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険

Check

介護コーディネーター資格

 

日本は世界でもトップクラスの「超高齢社会」!

この程度のことは皆さんはご存知ですよね。

「老後」や「介護」は「まだまだ先のこと」、「自分には関係ない」、と思っている人はだんだんと少なくなっているとは思いますが、実感が湧かないと言うのも現実だと思います。

 

2000年に「公的介護保険制度」がスタートしましたが、その仕組みの複雑さ、更に度重なる改正により、しっかりと理解されている方は多くありません。

 

試しに、次の10問に答えてみて下さい。《○×問題です!》 

    ① 同居している介護者が使う介護時間は、要介護5の場合「ほとんど毎日」が50%を超える。

  ②男女ともに100歳の段階での平均寿命は2年程度ある。

  ③特別養護老人ホームは希望すれば何時でも入所が可能である。

  ④介護保険を利用して住宅改改修する場合、1年に10万円まで利用でき、その1割が自己負担である。

  ⑤有料老人ホームでの介護は公的介護保険が利用できない。

  ⑥高齢者の家庭内事故で一番多いものは食べ物を詰まらせる「窒息死」である。

  ⑦昨年創設された「サービス付き高齢者向け住宅」は食事や介護が必ずついている高齢者住宅である。

  ⑧介護保険の報酬改正や保険料の改定は5年に一度である。

  ⑨今年の介護保険改正で「24時間訪問介護サービス」がスタートした。

  ⑩ケアプランの作成料は、利用者にとっては全額無料である。

 

如何ですか。 難しいですよね。

 

そこで、この度、「介護コーディネーター」という資格を作りました!!!

新しく作ってしまいました!! 凄くありませんか?

この資格の役割は、介護に関する相談全てを完結させるというものではなく、相談に来られた方の「悩み解決の為のルートを示してあげる」という「プロへのトスアップ、コーディネーター」としてのものとなります。

 

しかも、介護コーディネーターはE・ラーニングで受講できます。忙しいあなたは時間がある時にテキストを読んでEラーニング上の問題に答えて合格すれば資格認定が出来ます。資格認定は日本ライフマイスター協会が登録料を持って取り扱ってくれます。

保険周辺の数多くの資格を取得することは、他の保険募集人との「差別化」となりますので、是非チャレンジしてみて下さい。

 

やり方は簡単です。

まずは「近代セールス社」のサイトを検索してE・ラーニングのページから「介護コーディネーター資格」にアクセスして下さい!

IDとパスワードは日本ライフマイスター協会のホームページから簡単に取得できます。

 

公的介護保険を理解するために、介護コーディネーター資格は必須です!!

直ぐチャレンジして、名刺に「介護コーディネーター」の資格を表示してみませんか?!

さあ、今すぐチャレンジです!!

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.