|

太陽光発電保険|とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険

Check

太陽光発電保険

 

発電時や熱利用時に地球温暖化の原因となる二酸化炭素を殆ど排出しない再生可能エネルギーとして太陽光、風力、地熱発電等が見直されていますが、家庭で出来るというと太陽光発電になりますよね。

 

こうした中、太陽光発電システムの保険が注目されています。

 

家庭で太陽光発電システムを導入した場合、「設備そのもの」の火災事故や風災事故、あるいはモノが当たって壊れたという場合を補償するには「モノ保険」を加入する必要があります。

「設備そのもの」は建物に設置されますので、火災や風災等を補償するのであれば「火災保険の建物」として保険加入すれば足ります。現在の建物の火災保険に太陽光発電システムの設備費用を「保険金額に増額」すれば足りますので、まずは火災保険をチェックしてみましょう。

 

火災保険の増額と言われても、住宅ローンを借りた際に長期で銀行で保険加入しているので面倒だという方は、その設備だけに「モノ保険」を加入されれば大丈夫です。最近は、こうした太陽光発電設備に限って「破損」等も補償される保険を販売している保険会社もありますので、ご確認されることをお勧めいたします。

 

中にはメーカーや販社が商品に保険をセットして販売している所もあります。但し、商品付帯での保険の場合は火災、落雷、破裂、爆発、風災、外部からの物体の落下・飛来といったリスクに限定した補償となっていると思われますので、確認されることをお勧めいたします。

 

2012年7月開始の固定価格買取制度をきっかけに発電事業に参入する事業者も増えていますが、事業者向けの太陽光発電保険には「デリバティブ」保険もセットで販売している保険会社もあります。

 

太陽光発電による発電量は、太陽電池の素材、メンテナンス状況及び気象条件等といった諸要素の影響を受けますが、このうち太陽光の減少に起因する経済的損失をカバーしようという保険です。予め契約で定められた期間内に予め契約で定められた観測地点において「累計日照時間」が免責数値を下回った場合に保険金が支払われます。

 

更には「地震リスクでのデリバティブ」をカバーする保険を販売しているところもあって、まさに損害保険は「旬のモノ」に合わせて変化する業界だなーと改めて感じました。

 

損害保険は「モノ」と「時代」と共に変化して行く保険だと考えます。

交通事故による死者が大幅に減少し危険を察して自動車自体がオートブレーキで停車する時代になると自動車保険は衰退していくと思いますし、火災保険もオール電化に合わせて火災リスクが大幅に減少する中で、むしろ水や風といった自然災害に補償を厚くした保険のニーズが高まるでしょうし、逆にエコで注目されている自転車保険や1日だけの補償である「ワンデイ保険」の需要が高まると思います。

 

モノと時代と共に変化する損害保険を象徴する太陽光発電保険!

今後ドンドン進化して行く保険だと思いますので、注目しましょう。

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.