|

過失割合|とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険

Check

過失割合

 

先般、久しぶりに「交通事故」を見ました。

家のベランダで外を見ていたら、車のブレーキ音と衝撃音が聞こえたので、道路に目をやると一台の車が歩道の柵に突っ込んで止まってました。その前に軽トラックが右側前輪が完全に車体に食い込んだ状況で止まっていました。

どういう状況下の事故だろうと、道路に残ったブレーキ痕とそれぞれの車の破損個所、破損具合、最終の車の位置を見つつ、何気に過失割合を考えてしまいました。損害保険会社に長くいたサガでしょうね。

 

皆さんは「過失割合」って言葉をご存じでしょうか。

恐らく損害保険会社に勤務していないと使われることもないと思います。

「過失割合」とは、賠償責任保険の事故で損害保険会社が保険金を支払う際に、契約者と被害者の方とが「それぞれどのくらい悪かったか」を率にして算出することを言います。

 

例えば、走行中に前方不注意で前方車に追突した場合は、前方車は悪くありませんから基本ぶつけた側が100%悪いことになります。この場合の過失割足は100対0という訳です。

 

事故状況は千差万別! その都度、こうした過失割合を算出しています。

見通しの良い交差点での事故だと、どちらが優先道路だったかとか一旦停止はなかったのかとかを考慮して過失割合を決めます。過去の「判例」を基にケースバイケースでの基本過失割合が決まっていて、これをベースに諸状況を鑑み調整するという形で運営されています。

 

で、過失割合がAさんが70%、Bさんが30%になった場合(つまり当該事故はAさんが70%悪くてBさんも落ち度があって30%悪かったと判断された場合)、Aさんの車の損害額が50万円、Bさんの車の損害額が70万円だったら、どのように保険金を支払うかというと、次の様な式になります。

Bさんの車の損害の70%はAさんの過失が原因なので、Bさんの車の損害額70万円×Aさんの過失割合70%=49万円をAさんが加入していた損害保険会社が保険金として支払うことになる訳です。

Aさんは逆にBさんからBさんの過失30%×Aさんの車の損害額50万円=15万円はBさんが加入していた損害保険会社から保険金を受け取ることが出来ますが、差額の35万円は自分が悪かった訳ですので自己負担という形になります。

このやり方を「過失相殺」と言っています。

 

如何ですか。

「過失割合」と「過失相殺」についてお分かりいただけましたでしょうか。

前述しましたが事故形態は千差万別ですので、事故がある度に精査しつつ過失割合を決めて行きます。一寸した事実が過失の割合を変えて行くので、事故が起こったら、いち早く正確に伝える必要があります。嘘をついても現場状況で分かりますので、本当のことを伝える必要があります。加害者、被害者の当事者同士では話が進みませんので、事故を起こしたら直ちに警察に電話をして現場確認と事故状況を伝えて下さいね。

 

ちなみに、最後、警察が掃除セットを貸してくれますので、事故現場の飛散した破損物等は自身で掃除して下さいね。ここも自己責任が求められますよ!

 

事故は起こさないことに限ります。

余裕のある運転を心がけましょう。

暑い夏、イライラしないようにして安全運転お願いします!

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.