|

リスクの分析・評価からリスクの処理について|とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険

Check

リスクの分析・評価からリスクの処理について

先週、リスクの洗い出しについて述べましたのでも今回はリスクの分析・評価から述べたいと思います。

リスクを洗い出したら、次にすることは、洗い出したリスクをそれぞれの発生確率と損失の大きさから企業経営に与える影響を分析・評価して行きます。

そして、この作業には「リスクマトリクス」を活用します。
これは横軸に発生確率、対軸に損失の大きさを表したもので、それぞのリスクをマトリクス上に配置し四つに分類して行くものです。
分類上、発生確率が高く、起きた時の損失も大きいものを「レッドゾーン」、発生確率は低いが損失の大きいものを「イエローゾーン」、発生確率は高いが損失の低いものを「グレーゾーン」、発生確率が低く損失も小さいものを「グリーンゾーン」とし、リスクをそれぞれのゾーンにあてはめて行きます。

次に、それぞれのリスクをどのように処理するかを検討します。
リスクの処理方法は大きく分けて二つあり、一つは「リスクコントロール」、もう一つは「リスクファイナンシャル」と言います。これらを適切に合わせて最適な方法を選択・実施する流れになります。

リスクコントロールには、大きく四つあります。
まずは「回避」することです。例えば危険な事業から撤退する、或いは他の業者へ外注するといったものです。レッドゾーンにあるリスクは主にこの回避策を取ります。
次にリスクを複数に分割し損失が発生した際にも全体のダメージを押さえる「分散」です。
例えば、本社機能の分割、仕入れ・販売などの取引先の複数化などです。主にイエローゾーンのリスクに有効です。
次に損失の発生確率と大きさを小さくするための「安全・防災対策」があります。消火設備の設置、安全教育の実施、設備・機械等の定期点検、健康診断の実施などがこれにあたります。主にグレーゾーンのリスクに有効です。
最後にあるのは「容認」です。グリーンゾーンにあるリスクは、コントロールにコストをかけず発生した損失は容認するという考えです。例えば机や椅子、文具といった什器備品の破損リスクについては特に何もしないということです。

そして、リスクファイナンシングの考え方は二つ。
一つは「移転」です。
これは保険契約をすることによって予想される損失の全部または一部を保険会社に移転するものです。イエローゾーンのリスクに有効です。
もう一つは「保有」です。グリーンゾーンのリスクでも経済的損失は発生します。その際に自家保険や積立金、準備金などにより復旧を図る方法です。

如何ですか。
一寸、アカデミック過ぎますが、こうしてリスクの分析・評価からリスクの処理方法の選択をしていく流れがリスクマネジメントです。最近、リスクマネジメントについて改めて勉強したりしているので、今週もアカデミックになって恐縮です。でも、リスクマネジメントが保険の基礎となります。こうしたモノの考え方が大切なのです。節税を売りに保険販売していた方には出来ない発想です。

今、改めてリスクマネジメントが本格的に求められるようになって来ました。
この機会に是非リスクマネジメントについて学習されることをお勧めいたしますよ!

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.