|

リスクアドバイザーになろう!|とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険

Check

リスクアドバイザーになろう!

保険は色々に潜む「リスク」を転嫁するための一つの手段であって、「保険に加入したから安心」という認識はむしろ危険です。
まずは、「どんなリスクが潜んでいるか」、「これによってどんな損失が発生するのか」を把握する必要がありますよね。
これを「リスクマネジメント」と呼び、こうしたアドバイスが確実に出来る「リスクアドバイザー」として保険代理店の方々はお客様に接する必要があると考えます。

例えば、航空会社における「リスク」を想定してみましょう。
その要因として真っ先に思い浮かべるのは「航空機の墜落」でしょう。
では、どうして墜落事故は起こるのでしょうか。
ひとつ考えられるのは「機体の整備不良」でしょうか。そして、整備不良が発生する環境としては、人手不足やモラルの低下による作業のチェックミスや機体メーカーの教育が不十分であった等が考えられますよね。
あと「ハイジャック」も考えられます。ハイジャックが発生する環境としては、危険物持込が容易な構造の空港であった、または金属探知機の感度が低かった等が想定されます。
または「他の物体との接触」ということもあるかもしれません。発生環境としては空の交通の過密化、管制体制の不備が指摘されるでしょう。
更に、「パイロットの操縦ミス」による墜落も考えられます。状況判断の誤り・思いこみ等からミスが引き起こされる可能性があります。

如何ですか。この様に、まずは航空会社が損失を被る可能性=リスクを考え、そして「航空機の墜落」という損失の直接原因を想定しました。そこから、直接原因を発生させる「機体の整備不良」「ハイジャック」「他の物体との接触」「操縦ミス」という要因と、そこに至るいくつかの環境を洗い出してみました。

更に航空機の墜落による損失を大きく五つに分類してみましたので一緒に確認して行きましょう。

  1. 人的損失

 パイロットや客室乗務員といった乗員が死傷する可能性があります。

  1. 財産損失

 航空機そのものを失う可能性があります。

  1. 収益減少

   墜落した航空機が今後稼ぎ出したであろう利益も失われます。

  1. 賠償責任

 乗客の方々が死傷される可能性があります。また米国同時多発テロで起こった悲劇の
ように機体が地上の建物などを破壊し、その場所にいた人々が死傷する可能性もあり
ます。それらの被害に遭われた人々やその遺族、または破壊された建物等の所有者に
対し航空会社は損害賠償責任を負う可能性があります。

  1. 信用失墜

 墜落に至るまでの経緯やその後の対応次第では航空会社はその信用を大きく失墜させ、その後の事業運営に悪影響を及ぼす可能性があります。

このように、「リスクを洗い出すこと」がリスクアドバイザーとしての最初の仕事となります。
如何でしょうか。
今回はアカデミックな展開でしたが、保険の基礎は「リスクマネジメント」です。
この機会に、もう一度基本に立ち返って考えてみませんか。

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.