|

東日本大震災から一年。この機会に地震リスクを考えてみましょう。|とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険

Check

東日本大震災から一年。この機会に地震リスクを考えてみましょう。

イメージ画像です

東日本大震災から一年が経過しようとしています。 昨年、直接、地震に会われた方は、昨年の恐怖が蘇って来ると思いますが、こうした恐怖感は風化させてはいけません。恐怖感が「リスク」を考えさせてくれるからです。 この機会に、是非、もう一度、地震リスクを考えてみて下さい。

まずは、地震、津波による「家屋や自動車の損壊リスク」でしょうか。
地震によって家屋が倒壊したという場合に「地震保険」がある訳ですが、一定の損害が発生しないと地震保険の保険金支払対象となりません。「全損」、「半損」までは何となく理解できたいとしても「一部損」の解釈は理解できない所ですよね。テレビでもマンション等で「一部ヒビが入った程度」では支払対象とならず問題化していると報道していました。一部損の理解としては全体の建物の価値の20%以上の損壊であれば支払い対象となりますが、それ以下では支払われないということを理解して、「リスクの防止」や「リスクの軽減」に対処しておく必要もあると思いますね。自動車も地震・津波を担保してくれる車両保険に加入していないと地震の倒壊や津波で車両が破損したとか流されたという場合に補償はありません。
このあたりを、しっかり押さえて保険加入しないといけませんよね。

続いて、東京で特に目立った「帰宅難民になるリスク」を考える必要がありますよね。一晩かけて歩いて帰宅された方やどこかの施設に泊まったという方も多かったと思いますが、寸断され倒壊物もある真っ暗な夜道を歩いて帰る際に転倒してケガをしたとか、崩落した壁の下敷きになるといったリスクに溢れていますよね。耐震設備の整った施設に逃れ、じっとしておくことが一番のリスク防止につながると思いますね。
生命保険、傷害保険も地震でのケガ等々が対象となるのかをきちんと確認しておいた方がいいですよね。
損害保険会社の販売している普通傷害保険は、地震や津波の際でも対象となる場合は勿論割増保険料が徴収されます。特約として保険証券にきちんと表記があるかを確認下さい。
皆さんのお手元には保険証券と保険約款があるはずです。証券は主契約と特約で成り立っています。特にどんな特約が付帯されているかを認識しておきましょう。

あとは、「人リスク」。
お母さんが入院してしまうと、家事をやってくれる人がいなくなって、ご主人が仕事を休んで育児をしていたという話も聞きます。意外と家族の中にあっては、お母さんが保険に加入するということ自体が家計の削減の対象とされていて、無保険だったという事例も多かったと聞いています。しかし、一番「実害」があるのはお母さんの死亡や入院なのです。こうした場合にホームヘルパー代程度でも出る保険があったら、どんなに楽になるでしょう。その意味で、お母さんの保険の見直しもこの機会に是非実施して下さい。

わからなければ、保険の募集人に聞いてみましょう。
一番身近にあるのが、来店型保険ショップでしょうか。複数の保険会社を扱っているので、保険料の比較や保険内容の比較も容易にすることが出来ます。
保険ショップに行くのはハードルが高いとおっしゃる方もいらっしゃいますが、こうした保険相談を無料で、しかも親切にやってくれるのは来店型保険ショップが唯一と言っていいと思います。

結心会という来店型保険ショップの協同組合的グループに所属した保険ショップでは3月一杯は「今こそ確認しよう!あなたの保険内容」と称する取り組みを展開して、数多くの方々の相談をお受けする体制を取っています。
結心会のホームページで加盟保険代理店を検索いただき、是非、ご来店してみて下さい。
お待ちしています!!

コラム説明画像

(クリックで拡大します)

関連キーワード:
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.