|

年末年始にかけて多くなる盗難について|とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険

Check

年末年始にかけて多くなる盗難について

年末年始になると、引ったくりでハンドバックを取盗されたとか、車で宝飾店に突っ込んで宝石類をゴッソリ取盗といった荒業まで登場して、メディアで多く取り上げられますよね。

こんな場合に対処出来る保険ってあるんですね!それが「盗難保険」!

個人の持ち物が、引ったくりに遭って取盗された様な場合は、携行品損害保険という「特約」でカバーされることが多いと思います。

海外旅行傷害保険で、海外に持っていった「携行品」が壊れたとか取盗されたような場合に補償されますが、これの国内版という感じの保険です。損害保険会社が販売している傷害保険に「特約で付帯」されているケースが多いですので、傷害保険にご<

加入されている方は一度保険証券をご覧になることをお奨めいたします。携行品損害「担保」の文字があればまずは安心ですよね。

あとは、家財を対象に火災保険に加入していていれば、取盗されたものは「持ち出された家財」ですので、対象となりますよ。勿論、留守中に強盗が入って家財を盗まれたという場合も補償できます。こちらも火災保険の保険証券を確認してみましょうね。建物には保険に加入しているが家財は未加入という方は今すぐ家財を対象とした火災保険に加入されることをお奨めいたします。

では、宝飾店の宝石とかはどうするかと言うと、「盗難保険」になります。
損害保険会社全てで扱っていますが、実際に加入できるかと言うと、NOです。これは保険会社の社内的に「稟議」を通す必要がある商品となります。

稟議を通すために事前に調査を要しますが、まずは、目的となる「モノ」は何かですね。
宝石のように一点が高価で盗み易いモノは引受け自体が難しいですし、引き受けたとしても非常に高い保険料になることが容易に推測されますよね。当然、小さいモノですと「万引き」の危険性がありますので、少なくとも万引きは補償対象外になっても仕方ないでしょうね。また「モノ」をどの様に精度高く管理しているかも調査対象ですね。

続いては、モノが保管されている場所でしょうか。
郊外にポツンとある店舗だと重機持ってきて荒業で取盗される危険性が増しますよね。逆に例えば商業施設に入っている店舗では危険度は低くなります。商業施設内店舗ですと、セキュリティーが違いますよね。郊外型とか商店街内店舗ですと、シャッターがあるのかとか、機械警備を入れているのか、宝石であれば毎日ショーケースから取り出して金庫に保管して帰っているのか、金庫は複雑な構造のもので持ち運べないくらい重いものか等々を調査しないと保険会社は引き受けてくれません。

こうした色々な調査を経て漸く引受けてくれるかの判断が保険会社から出ますが、保険料は「モノ」によって異なりますが、宝石であれば安くても価格の2%以上になると思います。宝石100万円の補償で保険料2万円以上って所でしょうかね。

盗難保険は契約の際に「モノ」を特定し、「モノの保管場所」を特定し、「モノの価格」を特定します。そして、危険度を事前に調査し、危険度に見合った保険料が徴収出来る場合にのみ保険引受けとなります。なかなか複雑だし、大変手間で期間を要しますね。
それだけ危険度が高く、保険会社にとって保険金支払いは経営を圧迫すると捉えられているからですね。

損害保険は「モノ」を対象とした保険で、あらゆる「モノ」に保険をつけることは出来ます。が、引き受けられるかは、一つ一つ「モノ」の危険度を調査しての引受けとなることを理解しておきましょう!

関連キーワード:
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.